マンドリン

2011/08/27

鈴木静一展無事に終わりました <11025>

…一週間前に(笑)。

仕事はこなしてましたが、普段の生活は完全に呆けてました。
ご来場頂きました方には、御礼申し上げます。ご参加の各位に措かれましては、大変お疲れ様です。

本番、物凄いコンサートになりました。
「失われた都」に関しては、鈴木静一作品初指揮のO氏の為せる業か、或る方をして

八代亜紀の「舟歌」を美空ひばりがカヴァーした様な…

と云う、言い得て妙な感想を頂き、全く以って同感。

「柳川抄」も個人的には「初」でして、最初のイメージは少ない編成だったのですが、意外に様になった印象。今でも耳の奥で3楽章が鳴り響いてます。

各団体からのオールスターな140名前後のメンバー編成、練習6回でどうなる事やら?と思ってましたが、ここまでの演奏が出来たのは、鈴木作品の力でしょうか?。

あたしの繋がりからも、何人かご縁が合って参加頂いたのですが。中でも、FlのW嬢は、今年のシントコにトラで出て頂いたのですが、本番後の2次会でお誘いし、「細川ガラシャ」、「雪の造詣」のソロは良い意味でのフィットだったと自賛してます(笑)。


それにしても、マンドローネを買って5年。
この楽器で鈴木作品を弾く機会は、パート設定があっても、あたしがCelloに座る事になったり、音域的にBassで代奏可能な事や、人数の問題などで、なかなか出来ず。
今年が鈴木先生の生誕110年に当たる事から、「何かあるだろう?」と云う想定で、こっそり腕を撫してまして、去年のGW明けに、モニカのM氏からお話を頂き、いの一番にマンドローネでエントリーした次第。直前まで1人だった為、パート成立の危機もあったのですが、お二人の助っ人を頂き、演奏会を迎えられたのは大感謝。
尤も、2001年の生誕100年演奏会を出剥ぐって居ただけに、鈴木ファンとしても、マンドローネ奏者としても、或る意味「宿願」達成となりました。

ただ、

続きを読む "鈴木静一展無事に終わりました <11025>"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/08/19

明日は是非オペラシティへ <11024>

またしても、間が空いてしまいました(苦笑)。

この先週末、数日夏休みを取り、昼間の気温が30℃越えがザラな中、妙高・長野辺りをぶらついてました。

その事も書きたいのですが、気がついたら本番前日…と云う事で、「最後のお願い」です。

----------------------------------------------------------------------
「鈴木静一展」

日時:2011年8月20日(土)18時開場、18時30分開演
会場:東京オペラシティコンサートホール「タケミツメモリアル」
(京王新線初台駅下)
http://www.operacity.jp/concert/

演奏:「個展オーケストラ」(全国138名で結成したオーケストラ)
http://ome.grupo.jp/

入場料:全席自由 当日券 2,000円 前売り 1,500円

演目:
<1部>
細川ガラシャ
楽詩「雪の造型」
叙情組曲「蝦夷」

<2部>  
音楽詩「柳河抄(北原白秋のうたによせて)」
交響詩「失なわれた都」

指 揮:中村 亨、小穴 雄一
-----------------------------------------------------------------------

東京オペラシティなんて、物凄いホール(初台駅直結なので、雨に濡れずに入れます!)に、全国各マンドリン団体から鈴木静一先生を慕うメンバーが138名も集まる臨時オケ。或る意味、「オールスター戦」と云っても過言では無いコンサートになります。
同じ作曲家の作品が5曲もプログラムに載ると、余程のファンでも無い限り敬遠されそうですが(汗)、一般の方向けに軽くご説明すると、中身は「ジャパノロジー」そのもの。元々、戦前~戦中の映画音楽を数多く手掛けておられた作曲家な事から、演劇や叙情的要素が取り入れられてまして、現代にも通じるプログラムだと思います。

あたし個人もちのチケットがまだ若干余りがありまして(汗)、もしご連絡頂ければ受付預かりをさせて頂きます。
(Twitter:@bungou、mixi:同じハンドルネーム、携帯メールなど…(電話は電波が入らない可能性或る為NG))

と、云う訳で、明日は頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/10

鈴木静一展 演奏会のご案内 <11023>

(玉置宏調に)2週間以上のご無沙汰です。

この度、下記の演奏会に出ますので、ご案内です。
個人的には、マンドローネ買ってからの5年間で最大の目標と云っても過言では有りません!
何だかんだと云いつつ、マンドローネが3台揃うと云う、業界的に関東では稀有ば演奏会と
思われます。

文豪家からも比較的至近(?)な東京オペラシティ。
宜しければ、お越しください。

-----------------------------------------------------------------------
「鈴木静一展」

日時:2011年8月20日(土)18時開場、18時30分開演
会場:東京オペラシティコンサートホール「タケミツメモリアル」
(京王新線初台駅下)
http://www.operacity.jp/concert/

演奏:「個展オーケストラ」(全国138名で結成したオーケストラ)
http://ome.grupo.jp/

入場料:全席自由 当日券 2,000円 前売り 1,500円

演目:
<1部>
細川ガラシャ
楽詩「雪の造型」
叙情組曲「蝦夷」

<2部>  
音楽詩「柳河抄(北原白秋のうたによせて)」
交響詩「失なわれた都」

指 揮:中村 亨、小穴 雄一
-----------------------------------------------------------------------

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/07/18

2011年暑中お見舞い申し上げます <11021>

連日暑いですね~。
当家の缶酎ハイの消費量が日々半端では無く、月末の酒屋の精算見て青くなりそうな此の頃ではありますが(苦笑)。

前回エントリー…モニカの演奏会…から、またしても2週間空いてしまいましたが。。。
まずは、この夏の近況報告(マンドリン関係ばかりですが…)方々。。。


●アンサンブル・モニカ 第6回定期演奏会
 2週間前ですが、無事に終わりました。
 前回の演奏会終了後に看板奏者不在、代表者の退団、指揮者転勤と重なり、正直団体としての存続が「瀕死」の状態で、演奏会の開催も危ぶまれたが…。
 さくらM.O.からH氏の指揮者招聘と、今回のメンバーの1/3が新しいメンバーの加入もありまして、「新生モニカ」として、新たな歩みを刻めました。。。何より、160名超のお客様もにご来場頂き、皆様には心より感謝申し上げます。

 演奏としては、本番故の疵も散見されますが、メインの「長良」では「ブラボー」を頂くなど、盛り上がって終われた、良い演奏会だったと思います。
 あたしが、書きたい事は山程あるのですが、今更諸々書くのも難なので(苦笑)、YouTubeにUPされている映像をどうぞ。

 ・星空のコンチェルト


 ・美しき川「長良」


●鈴木静一展 練習開始
 コムラードの翌週(6/25)に第1回がスタートしてました。
 先週第2回だったのですが、何と奥さん、

  マンドローネが3本

ですよ!
 関東では早々無いのでは無いでしょうか?。
 ろーねひっきー氏と、かみにょ氏とマイミクさん2名に加勢頂きまして、一緒に音が鳴った時には、涙が出る程に嬉しかったです。(何より指揮者はじめ、周りの奏者が驚いてましたが(苦笑))

 マンドローネを持って5年、ずっと「ピン芸人」な状態で、誰にも相談や教えを請う機会も無く、ひたすら自己研鑽の中で、このところ壁にぶち当たっていたので、感慨深いものを感じてます。両氏からは、いろいろとポイントを指摘して頂き、目から鱗な状態。。。もっと修行を積まなくては。

そんな訳で、練習は引き続きですが、今から楽しい演奏会になりそうな予感です。

ちなみに、演奏会の概要はコチラ
チケットに関しては、ご連絡頂ければご用意します。(先着4名様)

●コムラード40回練習開始
 昨日、始まりました。
 例年、10月末辺りからボチボチ…だったのですが。。。次回は40回記念、でメインが「失われた都」(またかい!)に、芥川な「トリプティーク」など難曲が何曲も(決して駄洒落では無く…)ありまして、コンマス氏の「オフシーズンは無しで…」の鶴の一声での早いスタートとなった次第。
 蓋を開けてみてどーかな?と思っていたのですが、チェロ、ギターの低音パートは他団体掛け持ちな方が多く、些少でしたが…。驚くべきは、マンドリンパートの出席率…8割は超えていたのでは無いでしょうか?。
 チェロパートなあたしは孤軍奮闘?、トリプティークの3楽章が結構ヤバイな~と思いつつ練習を終えた次第。


●Facebook
 登録しました。 
 が、イマイチ使い方が判ってません(汗)
 友人に使う方が居られるのか?ですが…尤も、あたしがTwitterを使っている事も公では無い様子なので(苦笑)。。。
 ボチボチやっていきます。

それでは、皆様良い夏を~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/07/03

今日はアンサンブル・モニカの演奏会です! <11020>

先日のコムラードの演奏会の興奮冷め遣らぬ(?)…ところですが、中一週で再び演奏会です。

------------------------------------------------
<アンサンブル・モニカ 第6回定期演奏会>

「monica6th-info-2.pdf」をダウンロード


■日 時
  2010年7月3日(日) 開場13:30/開演14:00
■会 場
  曳舟文化センター ホール
  (京成押上線京成曳舟駅徒歩1分、東武伊勢崎線・亀戸線曳舟駅徒歩3分)
■入場無料
  
■演 目   指揮:平井朗
 第Ⅰ部
  歌劇「カイロの鵞鳥」より序曲   モーツァルト
  バイカル湖の伝説  ヴッターシキン
  ブランデンブルク協奏曲第3番より第1楽章 J.S.バッハ
  
  第Ⅱ部 アンサンブルステージ
   フルート四重奏曲 第1番より第1楽章   モーツァルト
管弦楽組曲第2番ロ短調より4曲 J.S.バッハ
 
  第Ⅲ部
   星空のコンチェルト  藤掛廣幸
   星の庭  小林由直
  交響詩「美しき川 長良」  鈴木静一
------------------------------------------------

詳細に関しては、コチラ
宜しければ、是非お越しください。

先日、書き忘れたのですが…。

続きを読む "今日はアンサンブル・モニカの演奏会です! <11020>"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/23

コムラード第39回演奏会終了 <11018>

去る、日曜日(6/19)、コムラードマンドリンアンサンブル第39回演奏会、無事に終了いたしました。
来場された方には、御礼を申し上げます。

トッパンホールの定席を超える420名超の来場者となり、団体としては嬉しい反面、満席で入れなかった方も居られた様で、却って申し訳ないと感じてます。


演奏に関しては。

今回初の試みとして、開場後~開演前の時間でのサロンコンサートでしょうか?。
当日午前中のリハが終わってから、ロビーでの設営→そっちのリハとドタバタ。衣装への着替え、昼食の時間も侭ならぬ程で、内心イラついていたのはここだけの話(苦笑)。
サロンコンサート自体も、余り広いとは云えないトッパンホールのロビーにて、お客様の導線を止められない関係もあって、奏者横に並んでの演奏でしたので、他パートの音が聴こえず、演奏が止まらないか?ヒヤヒヤでした。(実際、ラストの「夏の思い出」は本当に横のパートが聴こえなくなった…(滝汗))

それにしても、ギャラリーのカメラのフラッシュが結構凄かった…実際目に入ってしまい、弾き辛い局面もありまして、サヨナラ運転の運転士やパドック周回する馬の気持ちが少しは分かりました。
来場者にもどう聴こえていたのか?ですが、ひとまず無事に終わって何より…と思う間も無く、調弦→本番。。。

本割(?)も、Ⅰ部は細かいミスが多かった様に思います。
1曲目の「峠」が終わった時点で全弦の調弦が狂ってしまい、そっちのケアで気が気で無かったのもあったのですが、反省しきり。
メインのヴェルレーヌの詩に寄せる3楽章は、コムラードとしては16年ぶりのプログラム。今回のナレーションを担当された本郷弦さん(無名塾)の力もあって、良い演奏だったのでは無いでしょうか?

2部は、指揮者はじめ皆さん気合が入っていたのか?1曲目の「シベリア狂詩曲」でエンジンが掛かり、その後は勢いで終演まで駆け抜けた様に思います。
メインのカレリア組曲に関しては、2楽章のイングリッシュホルンのパートソロが、マンドリンオケ編曲ではマンドロンチェロに振られているのですが、何と前半あたしのソロ(滝汗)。なかなか歌い込めず、前日まで色んな方からご指導を頂いていた様な状況でして、ホントご心配をお掛けしました…。本人的に余り自覚が無いのですが…本番は、これ以上無い位に上手くいった様でして、終演後&打ち上げでお褒めのお言葉を頂戴しました。。。
(一番恐縮だったのは、去年の演奏会で「マッチ売りの少女」のナレーションをしてくださった片桐雅子さんから…)
あたし個人的には、今回残念ながら舞台に乗れなかった方や、聴きに来られなかった方の無念に押された?と感じている部分もありますが…。
あのソロが上手くいったお陰か、3楽章の演奏は、コムラード史上最高に良かった?のでは。(ティンパニーが叩き過ぎ?とも思ったが…(笑))

何とも、無事に終わった様で、何より。楽しめた本番だった様に思います。


それにしても…

続きを読む "コムラード第39回演奏会終了 <11018>"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/06/11

演奏会のお知らせ 2本 <11015>

相変わらずの業務繁忙の昨今、なかなか部屋でPCを開けられず、更新が…(汗)。

本番間際ですが、既に個人的演奏会シーズン突入してます。
まずは、2本ご案内です。

1本目
------------------------------------------------
<コムラードマンドリンアンサンブル 第39回定期演奏会>

39


■日 時
  2010年6月19日(日) 開場13:00/開演14:00
      (開演前にロビーコンサートあります)
 
■会 場
  トッパンホール
  (飯田橋駅徒歩13分・江戸川橋駅徒歩10分・後楽園駅徒歩10分)
■入場料
  1,000円
■演 目
 第Ⅰ部 指揮: 飯塚幹夫
  峠 鈴木静一
  マンドリンエッセイ 第一番 飯塚幹夫
  楽詩 “あやつり” (ヴェルレーヌの詩に寄せる) 鈴木静一
  ヴェルレーヌの詩に寄せる三楽章 鈴木静一

 第Ⅱ部 指揮: 日高哲英
  シベリア狂詩曲 G.イワノフ/帰山栄治 編曲
  夏の庭 P.シルベストリ
  カレリア組曲 J.シベリウス/小穴雄一 編曲
------------------------------------------------

今年も鈴木静一3曲(笑)…ですが、曲の軽重?から、メインでは無く、1部です。
とは云え、ヴェルレーヌの3楽章はさておき、「峠」と「あやつり」は、恐らく余り演奏機会が無いのでは?な、レアな曲。
メインは、シベリウスのカレリアです。なかなか味わいがありますね。

あたしは、マンドロンチェロで参加しております。

ちなみに、開場がいつもの演奏会より、30分ばかり早くなってますのでご注意を。
ロビーコンサートなんて、創部以来初めて(?)の試みなんてありまして…そちらも一部手伝っていたりします(汗)。

で、2本目
------------------------------------------------
<アンサンブル・モニカ 第6回定期演奏会>

「monica6th-info-2.pdf」をダウンロード

■日 時
  2010年7月3日(日) 開場13:30/開演14:00
■会 場
  曳舟文化センター ホール
  (京成押上線京成曳舟駅徒歩1分、東武伊勢崎線・亀戸線曳舟駅徒歩3分)
■入場無料
  
■演 目   指揮:平井朗
 第Ⅰ部
  歌劇「カイロの鵞鳥」より序曲   モーツァルト
  バイカル湖の伝説  ヴッターシキン
  ブランデンブルク協奏曲第3番より第1楽章 J.S.バッハ
  

 第Ⅱ部
  星空のコンチェルト  藤掛廣幸
  星の庭  小林由直
  交響詩「美しき川 長良」  鈴木静一
------------------------------------------------

去年まで、益田さんを看板に掲げてやってましたが、今回は団員のみ。
今回初めての試みで、ステージ3部制で中間にアンサンブルを行ってますし、指揮も高草木さんが広島へ転勤になってしまい、さくらマンドリンオーケストラの平井さんを招聘と、モニカとしてターニングポイントな演奏会です。

とは云え、音楽を楽しむ姿勢は変わらずで面白い演奏会になりそうです。

こちらでは、あたしはマンドローネ奏者として参加してます。


今年は、8月にも演奏会に出る事になった関係もあり(後日案内出します)、コムラード~モニカが中一週で本番…それも別のパート…と、最早アホとしか云い様が無いですが…(苦笑)

計画停電の影響も相俟って、暑い中ではありますが、宜しければお越し頂けますと幸いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/06

演奏会2週間後経って… <11012>

と云う訳で、前エントリーから2週間以上開いてしまいました…(汗)。
3月にも入る訳です(苦笑)。

2/20の新所沢の演奏会、無事に終わりました。
寒い中、1,050名のお客様の来場を頂き、こちらも感謝です。

個人的トピックスとしては。
「サウンド・オブ・ミュージック ファンタジー」でしょうか?。
初演(トライアル?)は10月に済ませていたので、演奏・演出面は心配無く、気分的には平静だったと。
成本千枝さんのナレーションと、齋藤先生の編曲、チェロ@信さんのプロデュース、演奏頂いた皆様のお陰で、生まれ出た作品です。多謝。演奏後、前振り無しだった事もあり、指揮者脇に呼び出されるとは思いませんでしたが…(汗)
内部的には好評だった様ですが、アンケートは、賛否両論…。有りモノだけに、人それぞれ持つイメージの違いもありますし、それによっては「何じゃこりゃ」なお気持ちにさせてしまったものも察せられ、批判の面はかなり痛烈に感じてます。再編集・構成の難しさを痛感したと同時に、鈴木静一と云う人の偉大さ(作曲・台本・演出を一手に)を感じたプログラムです。

「地平線の協奏曲」は、再々演出来て、これは一入です。益田さんのギターソロも素晴らしかった…。
常々思うのですが、そこに曲が有る限り、演奏して命を吹き込まなければ、曲は生きて行きませんし、それは或る意味プレイヤーの義務と思ってます。
今回ご縁有って、初演に引き続き演奏に関わらせて頂いたのですが、編成的にギターソリストが居ないと成立しない曲なものの、今後何某かの形でこの曲が生き続ける事を願って已みません。

あとは「失われた都」。
個人的には、13年振りでした…(当時A団にてマンドラ)。
その際以来、何度か演奏出来そうなチャンスはあったものの、条件が合わず見送った事が多い作品のひとつでして、今回期するものもありました。演奏について、気合の空廻りは無かった…と思いますが(笑)。Bass代奏ながら、ローネで弾けたのは貴重でした。
ひょんな事から、あと1年半位は、この曲とお付き合いする事になりそうなので(パートはさて置き)、次も楽しめたら…と思います。

いつもは、冷静に他パートの事を気にしているものなのですが、正直、今回本番の記憶が余り残ってません。
某曲の3楽章が崩れ掛ったとか、某曲のFlがロストしていたとか…CDを聴くまで気付きませんでした。。。

加えて、毎年の事なのですが。
終演後の退館までの時間がかなり限られてまして、打楽器搬出担当としては結構慌しく、これも失礼ながら終演後のご挨拶にも出られない有様。
今年はそのドタバタの中、楽屋に衣装を忘れる失態…(滝汗)。いつもは鞄なのですが、今回はトランクを使用した事で勝手が違ったのか?、入れたつもりだったのに?(苦笑)。

本番の件と併せて、演奏会と云う非日常に和を掛けて、普段無い事も加わっていたので、それだけ集中していたのか、それとも何か別の要素?で頭の中が真っ白だったのかもしれません。

そんな訳で、終って数日、呆けてました。
仕事上、「夏の家族旅行」…なんてものもも始まって、中々書けず、ココまで来てしまった感が…。

次回についても、追々考えて行かなくてはなのですが。
まずは、終了ご報告の記。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/19

明日は新所沢の演奏会本番です <11011>

明日は、新所沢の定期演奏会本番…と云う事で、午後から練習。
意欲の「前日追い切り」となりました。

先程、弦を張り替え、衣装を鞄に詰め、後は寝るのみの状態です。

と云う事で、「最後のお願い」方々、再度の告知です(笑)。


------------------------------------------------
<新所沢マンドリンクラブ 第30回定期演奏会>

■日 時  
 2011年 2月20日 (日)  開場13:30/開演14:00 
■会 場 
 所沢市民文化センターミューズ・アークホール
  (西武新宿線 航空公園駅東口より徒歩10分/駐車場有り)
■入場無料 (どなたでもチケットなしでご入場できます) 
■曲 目  
 小交響詩「マンドリンの群れ」   C.A.ブラッコ

 ギターとマンドリンオーケストラの為の
              「地平線の協奏曲」  
                      藤井 眞吾
       ギター独奏 : 益田 正洋(客演)

 サウンド・オブ・ミュージック・ファンタジー 
           構成:古川 治 編曲:斉藤 修
            ナレーター : 成本 千枝 

 交響詩「失われた都」        鈴木 静一


指揮 斉藤 修  富山 敬

------------------------------------------------

聴き所は…どの曲もなのですが。
「地平線の協奏曲」は、益田さんの素晴らしいソロを、「サウンドオブミュージック」は今までと違った作り方で(手前味噌なので控えめに(笑))、メインの「失われた都」は鈴木静一を知る人にも知らない人にも感銘を与えそうな(或る意味ジャパノロジーな)作品です。

宜しければ、是非お越しください。

余談ですが…

続きを読む "明日は新所沢の演奏会本番です <11011>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/18

8月の「作品展」 <11010>

今日2度目のエントリーです。

数日前に、メンバー募集に関する「檄文」(本願寺蓮如か?(笑)が公に流れた様なので、沈黙を破って…。

今年の8/20(土)に、東京オペラシティ(タケミツメモリアル)にて、「鈴木静一作品展」なるコンサートが開催される事に。
コンセプトとしては、「鈴木静一氏のファンが一同に会し、その音楽を奏する」その1点のみ。。。と云う、シンプルなものでして、演奏曲も「細川ガラシャ」や「雪の造型」、「失われた都」と云った、作品の人気投票を行ったら、上位に入りそう?な内容です。


参加メンバーの募集に関しては、今月一杯が期限の様です。
先週頭時点でのエントリー状況を見てますと、マンドロンチェロ、コントラバス、マンドローネと低音が(かなり)少ない様子。
少しでも賛同頂ける方が増えてくれると良いのですが…。


実は…

続きを読む "8月の「作品展」 <11010>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧