酒呑み

2010/08/27

蕎麦屋で居酒屋ペース <10038>

仕事終了後、帰宅してから家人と近所の蕎麦屋へ。
近所の有名店(らしい)みたいで、金曜の夜で比較的混雑していたものの、入れました。

ジョッキ生麦酒を頼み。アテに茶豆・天麩羅盛り合わせ(これが結構な量)・納豆オムレツを頼み、「これで良いかな?」と思いストップ仕掛けたら、

 「カツ煮も良い?」

と訊かれ、内心一抹の不安を憶えたものの、併せて注文。

「一抹の不安」としたのは理由がありまして。
ココの一品の単価が、平均で500円~800円。天麩羅盛り合わせに至っては1,000円…フツーのチェーン店の居酒屋に比べたらお値段も張る(汗)…のはどーでも良いとして、居酒屋ペースで頼んだ結果「こりゃあ量が多いだろうな?」と思った次第。
来て見たら、案の定、量が多い。。。写真を撮るのを失念したのは失敗でしたが、値段相応の量と云うのは本当です。
で、コレに生をプラス1杯、焼酎の水割を2~3杯…(苦笑)。

シメには…

100827_2226


もり蕎麦…。
あー食った食った(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/26

ジャガバター塩辛のせ <10021>

今夜は六本木会でした。

板橋宿から少し入った「すだち」さん。
#HPとは、現在若干メニューが変わってますが…。

初めて、ジャガバターの塩辛のせを食べました。
100226_2156

ジャガバターそのものは、市民権を得てますが。
これにイカの塩辛を乗せるとなると、北海道ではかなりメジャーらしいですね。某所でも話には聞いていたのですが、まさか今日ココで会えるとは…(汗)。
味は、ふかしたじゃがいもに塩とバターを添える事を思えば、充分ありえますね。
ただ、バターにイカの塩辛なので、酒のアテとしては良いのですが、カロリーと塩分は相当高そう。。。ふたつみっつと食べて良いかどうかは、あたしの身体が防衛反応を起こしそうですが…(苦笑)。


それだけに、焼酎が結構種類が有った印象。
日本酒も、数は然程では無かったですが、田酒、黒龍など。特筆だったのは「石鎚」。愛媛(伊予西条)の地酒でして、初めて呑んだのですが、クイクイいけて旨かったです。
家呑み用に今度買おうかな?。

100226_2137

ぐい呑みは切子でした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/25

ショコラブルワリー <10020>

100225_2340100225_2342

サッポロビールとロイズのコラボな、ショコラブルワリーを漸く呑みました(遅っ)。

サッポロビールもロイズのチョコもどちらも好きなのですが、掛け合わせた場合の不安も若干あったのですが。
呑んでみたら…思った以上に甘くなく、チョコ風味の黒ビール(爆…っても本当は発泡酒なんですがね)と云うのが、一番の印象でしょうか。

常飲したいか?と訊かれた場合、一寸違う部分もありますが…フレーバーとしては

これ、ありじゃない!

と云うところですね。
話のネタに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/21

〆張鶴のぬーぼー <09216>

今日も出社…と思っていたのですが、想定時間から寝坊…(悲)。
その上、溜まった洗濯や掃除などをこなしていたら、出社が午後。更に原稿読み(譜読みぢゃないよ!)が捗らず…(更に悲)。
あと30/66ページ程を残し、諸事情で連休明けにキャリーオーバーが決定し、かなりブルー。
月末なので、制作費の締めとか、地域廻りの原稿も始まったりで、来週は更に激務。。。某団体の演奏会なんてとても聴きに行っている場合ではありません。うっかり「出る」と云わなくてヨカッタ?(汗)。

で、流石に今夜終らない事だけはハッキリしたので、、23時過ぎに帰宅の心算が、エスグラ滞留(苦笑)。
〆張鶴の新酒が入ったとかで、早速試飲。

091121_2335

去年の事もあり、一杯で辞めましたが。
旨いのですがね…如何せん、酒が若いだけに、3杯も呑んだら暴走する事請け合いです。

やはり、ワインも日本酒も、少し寝かせた(火を入れた)方が、あっているかもしれません>あたし。

そんな訳で、一昨日のボジョレーも世間(OTTAVA conbrio)の騒ぎを他所に、生還静観していたワタクシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/06

シンガポール・チキンライス <09205>

今日は、水道橋にて六本木会。

お題は、シンガポール料理でした。
お店調べたら、駿河台勤務&川口へのトラの頃にお世話になった、台湾料理店の系列じゃないですか…(汗)。

その意味でも、興味津々だったのですが、この繁忙期で、1時間延着の予定が2時間を超えて延着…(悲)。
既に、ワインボトルが3本空になっていた(7人で)のですから、六本木会恐るべし(苦笑)。

で、楽しみにしていたのが、シンガポール・チキンライス。
さいとーさんのBlogで、シンガポールローカルのモノで紹介されていたのを読んでいて、ワクワク感タップリで。それに違わぬ味でしたが、如何せん写真を撮りそびれた…(バカ)。

他の料理も、お酒も旨かったです。

091106_2214
シンガポールと云えば、タイガービール。
これは、既に1杯目のワインを空けた2杯目…(苦笑)。

091106_2302

海鮮やきそば。
オイスター系?のソースがGood。
付け合わせのピクルス系?が、妙に辛かったです(汗)。


091106_2304

カレービーフン。
カレーがそんなに辛くなく、一緒に入っていたフライドチキンが旨かった。。。


近いうちに再訪したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/25

蕎麦屋でサシ呑み <09186>

今夜は六本木会。芝公園の蕎麦屋でした。
出席者は、ひろぽんとあたし。この時以来のサシ呑みでしたか(苦笑)。
不景気の所為なのか?、皆さんそれなりに職場での地歩を固めておられるのか?、出席率が落ちているのが、密かな悩み。ま、あたしも中々都合が…。今夜も、夕方から会議に捉まり、定刻を40分遅れ。それも22時が看板なんで、いつもに比べたら「短距離戦」な印象だったかも。

事有る毎に書いてますが、下手な居酒屋へ行くよりも、蕎麦屋での呑みが好きなあたし。
亡父の影響も大きいのですが、蕎麦の上手い店は酒(日本酒の方ね)も旨いのが持論だったりします。
今日のところも、それに違わずでした。


090925_2115
090925_2117

1杯目の生ビールは省略(笑)。
で、早速日本酒。

川越から東京に出て来たお店なので、左の神亀(埼玉県蓮田)。
あと、左は初見なので頼んでしまった、澤の花ささら(長野県佐久)。
どちらも堪能させて頂きました。。。

090925_2123

今日の一番ヒットだったアテが、角煮の天ぷら。
見るからまんまですが(苦笑)。

すでにタネに味がついている(当たり前だが)ので、タレも塩も不要。
かと云って、タネの脂身が少ない部分を使っている&衣も薄いので、そう「脂っこさ」は無かったです。

この他にも、アナゴの白焼きもあったのですが、写真撮り忘れた…(汗)。

090925_2204

で、シメは蕎麦でした。
蕎麦は勿論、つゆとも喧嘩せず。大変美味しゅうございました(嬉)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/29

久々の串駒へ <09169>

今日は、六本木会。2ヶ月振りでした。
お題はコチラのお店

ホロホロ鳥のコースをアテ(?)に、十四代を沢山呑みました(苦笑)。


※詳細画像は後日改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/13

真夏の鍋パーティー <09157>

会社帰りに一件立ち寄り。
夕刻に、メールを頂戴していたのもあったのですが、世間が「お盆休み」に入った事もあり、人の少ない駒場で

「夜の水炊き」

をやろうと云う事で立ち寄り。
夏だけに、キムチ風味でしたが、なかなか。

ただ、22時過ぎに更に来客が増えてしまい、鍋で熱い中、人口密度で更に暑くなりそうだった為、早々に帰宅。

ただ、家呑み含めて、3杯も行ってなかったのですが、アルコールが結構廻った…(悲)。
休肝日明けの所為か?、それともこの暑さの所為か?、今以て不明ですが(苦笑)。


<本日の馬券>
・ブリーダーズゴールドカップ@門別…フリオーソ-スマートファルコンの馬単裏表。これらを1着軸に、サカラートとアロンダイトへの馬単流し。
で、レースはフリオーソが逃げたものの、4角廻ったところで失速。スマートファルコンが抜け出して快勝。レコードタイムのおまけ付き。2着にアドマイヤスバル…は余計。つか、中央馬場で良績に乏しく、地方馬場初出走でここまで走るとは…と思っていたら、去年から距離短縮(旭川2,300m⇒門別2,000m)されていたのを思い出した。3着にアロンダイト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/28

駒場東大前西口、人生劇場 <09100>

今日は、六本木会…会場、エスグラでした(苦笑)。
絵に描いた様な「我田引水」な設定。
いや、お酒とクレープは美味しいので、皆さん楽しんで帰ってくれていれば、何よりです(笑)。
ここから、何人か通ってくれると嬉しい…のは、マスターもあたしも同感。

で、タイトルの件。
ちょっと最近、このコピーをエスグラに付け様か(勝手に)思案中。
ヒントは、こちらのサイトなんですがね…(汗)。
昼間は中学高校生のお悩み相談室、夜間は大人たちの人生模様を垣間見られる…そんなバーになってくれれば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/19

寿司屋にしておくのは勿体無い! <09076>

仕事帰りに門前仲町へ。
目黒から都電に乗って、永代橋の袂まで行って…と云いたいところですが、それは40年前までのハナシ(苦笑)。

それにしても、門前仲町の変わり様には…(汗)。
森下~菊川の中間地点に住んでいた頃、良く連れて行かれたのですが、その頃の記憶と対照したら、別の街。
何が?って云われても困るのですが、元々呑みなお店は多いのですが、その雰囲気が何処とも変わらなくなったものが。いや、裏道に入ると、まだまだ風情はあるものの。

閑話休題。
六本木会でして、門前仲町から少し歩いた「すし やた」さんでした。
お題は、鮪でお鮨…の筈だったのですが、中身は…。

まず、お通しはホタルイカの酢味噌和え(写真なし)。
続いて…
090319_2055

お刺身。
新鮮な鮪~(笑)。

090319_2106

鮪のスモークとフカヒレの山葵ソース。
これは、初めて…と云うより、鮪を燻製にする…と云う発想が吃驚。
(ネギマはさて置き)
フカヒレと山葵のソースとも良く合い、この時点で「和食」から離脱(笑)。


090319_2130

串かつ…もとい、正式名称は「脳天逆さ落とし」。
鮪の頭の方を串かつの形で揚げた物。
ソースもまた旨く、それだけで一杯呑めそうだ。


090319_2147001

鮪のステーキ。
玉葱、人参、林檎など五種類の野菜を使ったソースがまた絶品。
と、云うより、このソースのお陰で身もホッコリと柔らか~。

090319_2215

鮪のココット。
板さんが、鍋にチーズと牛乳を入れていたので、「あれっ?」と思ったら…。
場合によっては、これがグラタンになるそうな…。


090319_2226090319_2227

炙り鮪と煮凝り。
左写真の左上と右下に、トロ(?)を炙ったもの。
中央のトマトのにご注目!なんとトマトの中に煮凝りが埋まっている…。
(右の写真が、形状を拡大したもの)


090319_2228001

玉子焼。
左が出汁巻き卵。右がなんと「カステラ」。
どちらも旨かったですが、「カステラ」は別物。
食感的にチーズカステラとか伊達巻とか…そんな系統。


090319_2245

握り寿司。
この前後で、寿司屋に戻りました。
ええ、大変美味しゅうございます(岸朝子風に)。


090319_2254

最後のお口直し。
ふきのとうと筍の煮物。
これも、何も云う事はありません。


090319_2216

主に呑んだ日本酒。
写真は、高清水の生酒でしたが、この前に呑んでいた同じ高清水の純米もなかなか。

090319_2238

お隣のお客様から御裾分けで一杯頂いた白ワイン。
はい、こちらも大変お鮨と合います~。


いやあ、ホント旨かった。
と云うか、寿司屋と思えんこのラインナップ。
掲題にも書きましたが、

 

寿司屋にしておくのは勿体無い!

位の腕と充実度。参りました~m○m
これでコース辺り一葉さんでお釣りが来るのが信じられません。
(アルコールは別)
恐れ入りましたと云うしかなく。何某かで再訪…と思いますが、気が付いたら人気店入りしてそうですな。。。

<おまけ>
090319_1956

目黒線目黒駅にて。
南北線方面ホームの行き先表示には、「回送」と出てましたが、何と7200系改造の計測車が…それも夕のラッシュ時に(驚)。3両編成、東京メトロには入れん為、ホーム大岡山寄りに停車。1分程度停車の後、「チョッパ制御な唸り音」を挙げて、大岡山方面へ折り返して行きました。。。
目黒駅地下ホームでの折り返し光景を見るのも、南北線開業前夜以来か?。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧