ニュース

2008/07/07

ベンチャー <08211>

今朝の某紙にて。
日本のベンチャー企業の魁となった方のインタビュー記事を読んでいて、クスッと来た話。

その方のベンチャーに必要なものとして、曰く、
「きちっとした事業計画と、体力。2日くらい徹夜出来ない奴に成功出来る奴はおらん」

と云う持論がありまして、過去の弟子との会話で

弟子:「私は1日10時間以上働かない、それは奴隷だ」

師匠:「自分でやるんやから、断じて奴隷では無い。あほか」


と云う、何ともギャグの様なやり取りに思わず…(笑)。
そんなん心構えでは、誰も付いていかないですし、成功する訳も無い?。
自ら起業すると云うのは、自分で動かなければならない訳で、辞めない限りは楽にはならんもんだと思ってます。

尤も、その弟子は、破門にしたそうですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/26

驚きました <08196>

千春が倒れたとは…(汗)。

拓郎の病気と云い、チンペイさんのツアー終了と云い、皆さんそう云う年回りに来ていると云う事でしょうか…。

まっさんの35周年記念を押えられなかったのは、大いに後悔してます。
う~ん行きたい!。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/22

加藤博一が… <08014>

加藤博一氏が肺がんで死去、56歳 阪神、横浜などで活躍(SANSPO.COM)

あたしの子供の頃は、近藤貞夫監督時のスーパーカートリオ…と云うよりは、CXの「プロ野球 珍プレー好プレー」の毎年のゲストとして出てくる、「選手」としての加藤博一の印象が強かったのですが…。
この人も、大田卓司や、真弓明信らと並んで、西鉄ライオンズの生き残りだったんですよね。。。

最近「プロ野球ニュース」を観なくなったので、姿を拝見していなかったのですが、闘病中とは知らず。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/11/15

鉄腕、逝く <07233>

書くのを失念してましたが…。
この記事は悲しいですね。

投手としては、本当に大投手。

良くキャッチコピーで使われる、「神様、仏様、稲尾様」は揺ぎ無き成績です。
プロ入団当初は、バッティングピッチャーだったそうですが、近藤唯之さんの本で読んだところ、高校時代キャッチャーで、偶々観に来たスカウトが、キャッチボールで相手の右乳にコントロール良く投げるところでスカウティングをされたのだとか…。

監督時代は、「黒い霧事件」や弱小時代のロッテオリオンズ(失礼!)などで、正直「不遇」としか云い様の無い状態でしたが、今の落合博満はこの人が無かったら、今こうして「正力松太郎賞」を取れた存在になっていたかどうか?。

去年、仰木アンギラスが鬼籍に入り、今度は稲尾…西鉄ライオンズの名選手が亡くなって行くのには、非常に寂しいものです。。。
謹んで、ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/08/04

これも時代の流れか <07133>

本日も出社。土曜出社は二週間ぶりか。
「ゴルフもの」の制作が遅れ勝ちでして、週明け早々に現場を動かさなくてはならんので、せっせとお仕事。
ま、紙面上のキャパが限られている中、どれだけチョイスして掲載するのは「永遠のテーマ」なんでしょうが…(苦笑)。

今日の本題。
さいとーさんのBlogで知ったのがこの記事
パソコンも既に一般のものになってしまったと云う事か?。

ラオックスの「ザ・コンピュータ館」、高校時代~社会人3年目位までお世話になってました…。
秋葉原自体、高校へ通う際の乗換駅だったのですが、高校時代の放送部の2代上の先輩や機械科の担任が非常にパソコンに詳しく、その方の影響(紹介?)でが大きく、学校帰りに足繁く通ったのが大分前。
当時、PC-8801…が滅びかけ(暴)、PC-9801とか果てはMS-DOS3.3Cなどのワードが飛び交っていた頃で、バイト先の店舗管理や高校3年生の時の自由課題に託けて(一部遊びながら…苦笑)勉強したのが、今の自分のベースになっている様に思います。
#実際、Windows3.0辺りは一部空白があるのものの、社会人になる前後のWindows95は抵抗無かったですし。

Windows95が出た辺りで「マルチメディア」なんて声高に言われてましたが、Windows2000とかXPでその域に漸く達した時点で、パソコンが「家電」としての領域に入ったと云う事でしょうか。

ま、それも時代の流れなのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/08

これ凄いよな <07103>

今日一番反応したニュース、

元女社員、年間400−500通を校正 インサイダー取引事件  (さきがけ on The Web)

仕事柄、校正を生業にしているところがあり、激しく反応してしまいました…。

この記事の額面だけ読むと、年間240日勤務として、年間Maxの500通を処理しているなら、日に2通は校正を完了している計算。
1通当たり、どれだけの情報量なのかは知りませんが、株式総会の議案って或る程度分量はあるでしょうから、その情報を上手くチョイスして、その会社の株を買ってしまえば儲かる…と云う事なのでしょうけれど。しかし、この校正量も然る事ながら、その情報をセグメント出来るのは、或る意味凄い話。

とは云いつつも。
あたしの場合、日頃イベントとかキャンペーン絡みの「インサイダー」(と定義出来るのかは謎)情報に触れている関係上、その当たりの「守秘義務」は、云われなくても仕事人としての「仁義」ですからね。。。
まして印刷会社なら、業務上知り得た情報を私用して金儲けするのはまずいでしょう。

<本日の馬券>
・東海ダービー@名古屋…16:35発走で「まだいいだろう…」と思っていたら、片付かない仕事に感けてすっかり買い忘れてました…(バカ)。
マルヨフェニックス、強かったですねえ…。先行して、直線抜け出して突き放す横綱相撲。今まで、錬に絡む度に「呪い」とか揶揄してゴメン>尾島。いや、まさか君がダービーを勝つとは…(大汗)、もしかして世も末?。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/14

ニュース色々 <06060>

ま、別にネタが無い訳ではなく、一寸気になったので、幾つか。

船橋競馬、音声障害のため開催中止(netkeiba.com)

今日は、午後出社の為、普段より遅く起床しまして、「そう云えば今日は船橋開催…」とばかりにスカパーを付けたら、

「音声障害で第1レースを中止します」

とのテロップ。
何じゃい?と思っているうちに、「開催中止」のアナウンス…。あららですね。

オーロラビジョンが使えれば、実況やファンファーレや、審議放送が無くても、却って静かな競馬に…と思ったのですが、主催者側の言い訳で「締切案内が出来ないので…」と云う一言には至極納得。確かにネット中継でも締切ベルは流れますし、ましてや喧騒の現場では尚更ですな。

さっきNHKのニュースを見ていたら、地全協のコメントで「天災以外に機器設備での中止は初…」なんてされていましたが、確か去年だか一昨年に旭川で競馬場の停電により、最終3Rだか中止になった事があったのは記憶に新しいところ。忘れていませんか?。


第2東京タワー、墨田区に…世界一600メートル級(読売新聞)

実家が墨田区内としては、一寸複雑な話。
建設予定地に本社がある某鉄道会社さんは、これにより埼玉県内に本社を移すとか何とか云われている様子で、法人税の大口が一つ減る…と云うのもあるのですが、まだ完済していない「副都心」計画の事もあり、財源どうするの?。

と、思っていたら、早速こんなHPが…。
『第2東京タワー墨田区に』の新聞記事等について

何故、ここで打ち消すのがどうも良く分かりません(謎)。

どうでも良いですが(苦笑)、タワーの高さが600mなら距離的にはセーフだろうけれど、もし仮に倒れたら諸々の余波で実家もタダじゃ済まないだろうなあ…(苦笑)。


PSE法、文化価値ある電子楽器は除外 経産省(中日新聞)

この件、ここ半月ばかりで一気に火が付きましたね。
尤も周知されていたのかどうかも良く分かりませんが、法律上NGなのに、抗議や質問殺到で適用除外になる製品が出てくる様な法運営もどうかとは思いますが…。
いや、抗議する事を否定しているのではなく、実勢をきちんと精査せずに法制定をし、抗議されたからと云ってコロッと変わってしまう様な法律に対して?なのですがね。運用権限者の意向で変えられる条項でも有るのか?。
この問題、その部分でも不思議が多いです。話の経緯からも余りにお粗末極まりなくて…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/18

Kaeru(かえる)くん <06041>

毎日お昼に届く、秋田魁新報のメールマガジンを読んでいたら、

「みどりの窓口」廃止へ/湯沢、鷹巣など県内8駅

なる記事が。
該当の駅を見ていると、新幹線は走っていないけれども特急停車駅ですし、それなりにその地域では大きな駅(JR内部分類で「○○駅」と云った筈なのですが、思い出せません 汗)ですし、ネットで切符が買えるご時世ではありますが、まだ限られている様な気もするのですが…。

記事を読んでいくと、東京地域内にある様な自動券売機で指定席を売るのではなく、対話式の券売機を置くのだとか…。その名も「Kaeru(かえる)くん」。
ま、確かに、機械の操作が苦手なおじいちゃん&おばあちゃんの事を考えたら、通信回線(盛岡)で結んでの対話式と云う方法もありなんでしょうが、音声だけだろうなあ・・・。学割なども扱い可能…な記述もありますが、学割証明のやり取り方法って、電子化でもされているのでしょうか?。株主優待券が対応しない…なんて事は無いでしょうね?。(旅行先で切る時に非常に困る…)

既に、この地方の駅は夜通し開ける事を止めている…なんて聞いていますし(駅寝が出来ない!と云う文句は別にして)、みどりの窓口が閉鎖になり、次は改札?。そのうち、特急の止まる無人駅にでもなるのでしょうか?侘しいですね。


本題からは反れますが、

「目黒駅では3月(期日は失念)から、券売機での湘南新宿ラインのグリーン券発売を終了します…」

って、なんじゃそりゃ?。
湘南新宿の停車する、恵比寿か大崎のホームで買えって事ですか?。
いや、モバイルSuicaへの促進事業でしょうか?(爆)。

最近、突然理解不能な事をしてくれます>JR東日本。
合理化の方向性がややズレている気がするのは私だけ?。

<本日の馬券>
・クイーンC@府中…コイウタ-アイスドール-アサヒライジング-マルカアイチャン-ルビーレジェンドの馬複BOX。実は、ルビーを本命、アサヒを対抗、コイウタ▲の予想でして、結果コイウタが快勝し、2着にアサヒが逃げ粘り、的中は的中で嬉しいのですが、いつもなら「この3頭の馬単BOXじゃい」とばかりに強気の勝負に出るのですが、どうも訳が分からんのがこの面子。結果論、弱気の虫が騒いだ…と云う事で。
それにしても、2着争いに飛び込んだマチカネタマカズラ(藤田騎乗)にはハナ差で…(大汗)。東スポ見たら、山河と紺野が本命、明神が▲と付いており、これだけ走られれば納得。尤も、この2週間の藤田って、インを付く競馬が目立ちましたな。来年の2月の府中開催に乗る様でしたら、気をつけましょう…と覚え書きで。

・京都記念@京都…シックスセンス-シルクフェイマス-サクラセンチュリー-ヴィータローザの馬単BOXと、これら4頭からマーブルチーフ2着固定の馬単流し。こちらもハナ差でシックスセンスに軍配。個人的本音は、サクラの頭だったんですが…(苦笑)。当てたので由と。
シックスセンスは、「最強の1勝馬」なんて有難くない称号を貰っていましたが、これで次、胸を張ってドバイに行けますな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/09

貧乏人はカブに乗れ? <06031>

さっき、こんなニュースを読みました。

「スーパーカブ、5000万台突破…初代から48年で」(Y新聞)

「スーパーカブ」シリーズ、世界生産累計5,000万台を達成」(HONDAニュースリリース)


すげえ~HONDA、快挙ですね。おめでとうございます。
初期から、デザインが殆ど変わっていないですね(笑)。
私もカブのユーザーですが、シンプルなのと、何より「燃費が良い」のが、ロングセラーの一番の秘訣では?。
もっと云うと、転倒した時、スクーターより「頑丈」ですからねえ。

私のカブは中古で買いましたが、当時14,000キロ手前で、リッター40キロ強だったのですが、冗談半分でハイオクを入れたら、リッター50キロを超える驚きの走り…。
今は流石に乗る機会が激減していますが、頑張ればリッター35キロ位はいけそう?。

新車で買うと、スクーターより高くはつきますが、耐久性と燃費考えたら断然こちらでしょう(笑)。
貧乏人ならずとも、通勤車としては是非オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/02

福知山線の事故について <05088>

4/25の事故で被災された方には、心よりお見舞い、お悔やみ申し上げます。

事故から丸一週間が経ち、脱線転覆に至った経緯や背景などが徐々に明らかになりつつあり、新聞報道など興味深く読んでおります。
最終的な判断は、国交省の航空事故事故調査委員会、警察、司法の判断に委ねられる事なので、この場でつらつら書くのは差し控えますが、報道を見ていて気になった事を。

JR西日本の「利益優先、安全次位主義」についての事が云われていますが、これって国鉄分割民営化の頃に(組合サイドから)かなり言われていた様に記憶しています。当時の組合争議では、人員削減やら配転やらで政治問題・裁判沙汰になったりで、報道もそちらの方に注目が行っていた様子ですが、肝心の安全に関する部分は国鉄⇒JRに変わって16年、この時点から見過ごされていた気がしてなりません。

JR東日本は、JR化後に東中野での追突事故を境に「ATS-P」の導入など、安全対策の設備投資を強化していた様に見受けられますが、JR西日本の場合、併走する阪急・阪神との電鉄間競争もあってか、「利益優先」が途出していた部分が大きかったのかと。
(尤も、信楽での教訓が生きていないのも確かなところですが)


やはり、「安全輸送こそ(鉄道に限らず)旅客の使命」…と教わった身としては、国鉄末期に叫ばれていた「警鐘」が現実のものとなり、背筋が凍る思いです。
今更ながら、そんな事が気になったので…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)