スポーツ

2008/10/01

清原の引退試合 <08312>

流石に、大阪ドームまで観に行けんかったので、夜のスポーツニュースを梯子しました(苦笑)。
3打席目で二塁打でしたが、全力疾走出来ないのが明らかで、却って痛々しかったですが、バッティングはホンマ彼らしい打球だったと思います。

23年間の現役生活…と云うとあたしの小学校高学年~大学入学まで「獅子一色」だった中で、「4番バッター」と云えば彼以外に居ませんでした。
一番印象に残るプレーは、1988年の中日との日本シリーズ第1戦(ナゴヤ球場)での彼の第1打席でのホームラン。伝聞では、場外…それも球場北側を走る新幹線のガード下を直撃したと云う大場外弾。これは、素晴らしかった。あれで、日本シリーズ制覇が決まった様な印象すらもありましたが。

あの当時、試合経過をライブで知るには「文化放送ライオンズナイター」を聴くしか手が無かった(テレビ埼玉は実家の立地と何よりUHFアンテナが無かった!)のですが、番組まで応援してしまったお陰で、彼のバッティング姿の写った非売品のポスターまで頂き、自室に貼っていたものです。
#当時が、「肉体改造」前だったので、如何にスマートだったか…(爆)。

巨人に移ってからは、正直あのオーナーのお陰(爆)で可哀相な目にも遭いましたし、結果としてタイトルとは無縁でしたが、それも彼の持ち味。
その存在感と人間臭さで、上から下まで愛されましたし、「千両役者」と云うにふさわしい選手だったと思います。

また一人、個性的選手がバットを置く事になるのは寂しい限りですが、まずはお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/23

夏がひとつ終了 <08235>

母校、今日の試合で負けました…。
1点先制して、相手のホームランで2点逆転されたものの、こちらもホームラン攻勢で9回で追いついたものの、延長10回にサヨナラ負け(悲)。

前の試合も、その前の試合もそうでしたが、去年の秋季大会&今年の春季大会のコールド負け振りから見たら、余りに「ミラクル」だった事(驚)。
尤も、その「ミラクル」っぷりが、野球に限らず、あたしの母校らしいのですが(苦笑)。

あとは地区大会の結果とか、本戦の優勝とかはもう関係なし(爆)。
って事で、あたしの夏が一つ終った次第です(薄情?)。


余談ですが、今日は早々に帰宅して、2時間ばかり練習&譜面の読み直し。
自宅では基本「安座」なので、楽器練習も同じ体制なのですが、安座でローネ弾くのは中々至難です(汗)。
素直に椅子を出せば良かった…と一寸後悔。

あと4日ですな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/22

勝ち進んでるよ! <08233>

うちの母校の高校野球です。

昨日の試合、金ちゃんと呑んでいて、すっかり失念していたのですが(母校不幸者)、対戦相手が昨年夏の予選の準優勝校!。結果、何と

サヨナラ勝ち!
(驚)。

ノーシードから、まさかベスト8まで進むとは…。
次の試合は明日…仕事で行けないのですよ(悲)。これ勝って準決勝は何とかなるか?。もし仮に「決勝戦」まで駒を進めたら、7/27…って、モニカの本番当日じゃないですか~。
今年も、神宮へ出向く「縁」が無いかな?。

ただ、今年の東東京(に限らずだが)、波乱が多く、第1シード(板橋のあの学校)も4回戦で姿を消しましたし…(っても相手が新小岩のあの学校>現在ベスト8に残っており、実質最右翼) 、本戦出場経験のある都立の「緑道公園」高校も早々に姿を消しましたし。
さて、どうなります事やら?。頑張って欲しいものですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/14

D51打線発進! <08218>

今年は2回戦スタートの「母校」。
今日、初戦だったのですが7回コールド勝ち!。
順調にスタートを切ってくれた様です。何より。
(元記事こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/10

祝 トヨさん殿堂入り <06009>

2006年度の野球殿堂が発表されましたね。(詳細はこちら

今回、競技者表彰で選ばれた、門田博光(南海~オリックス~ダイエー)、山田久志(阪急)の両名はパ・リーグを支えた功労者であるのは云うまでもありません。
丁度「獅子党」だった私が、文化放送ライオンズナイターを聴きながらプロ野球に燃えていた小学校~高校の期間、一番活躍(人気でセ・リーグに押されてはいましたが…)していた選手の1人である事は云うを待ちません。
その頃からすれば、競技者表彰の権利を得る(引退から5年経てば…と云う内規)時期になったと云われると、時の流れを感じずには居られません。
素直におめでとうございます。

あと今回、特別表彰の名前を見て「おおっ」と思ったのが、豊田泰光(西鉄~サンケイ)。
野球中継で毒舌を吐いている(?)事が多い為、西鉄黄金時代の「野武士」の1人である事を知る、若い野球ファンは少ないでしょう…。
この方、先述した文化放送ライオンズナイターでの毒舌解説はつとに有名でして、実況の戸谷真人アナとの「とっちゃんダブル」の時は、殆ど「おやじの呑み屋の会話」に近い(?)ものがあり、非常に楽しみに聴いていたのが思い出です。(それ故のトチリ&事件は数知れず?苦笑)

個人的には、公開放送で2度ばかりお姿を拝見し、お話をさせて頂いた事があるのですが、なかなか暖かい方です。丁度カメラを持っていて写真も撮らせて頂いたのですが、フラッシュが上手くいかず没になってしまったのが…(バカ)。

彼の受賞理由が正直「?」だったのですが、野球体育博物館のHPで規定を読んでみると、

競技者(選手、監督、コーチ、審判員)を引退して17年以上経過している人。組織または管理に関して野球の発展に顕著な貢献をした人、している人。

とありますので、経歴的には既に被権利者ですし、どちらかと言うとTV・ラジオでの解説の部分での評価?とも思ったのですが、実のところ余り報道では触れられていませんが、

バットの原材料となるアオダモの資源育成にも尽力している。

とありますので、恐らくはこちらの面での評価なのかな?と。
プレイヤーとしては、記録よりも「記憶」の残る方のイメージが強いだけに(新人王は受賞されていますが)、この様な形での受賞は良かったと思っています。

恐らく、彼の殿堂入りを一番喜んでいるのは、西鉄入団時の監督だった三原脩と、先日亡くなった仰木彬の2人では…と思うのは私だけでしょうか?。
こちらもおめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/29

祝!タイガース リーグ優勝 <05207>

リンク: @nifty:NEWS@nifty:阪神、2年ぶりセ制覇(共同通信).

マジック4位までは認識していたのですが、今週爆撃を食らった様な忙しさですっかり吹っ飛んでました…。
今日も残業で、試合はおろか胴上げも当然見られず…職場のPCで書き込んでます。(涙)

2年ぶりの優勝と云われても、前回が「フィーバー」だっただけに、やや盛り上がりに欠ける(少なくとも東京では)気がしますが、まずは良かった。本当に良かった♪。

それにしても、相手のパリーグは何処になるのでしょうね。
鷹か、マー君か、それとも獅子?。


明日は、デイリースポーツをはじめ、スポーツ紙全紙買い漁ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/23

地震に負けた?我が母校 <05148>

今日、母校(上野の学習院)の野球の試合を観に神宮へ行ってきました。

前回観に行ったのが、甲子園への切符を手に入れた試合だったので、もう7年位前だったと思います。
私立校なので、指導者&先生方の顔ぶれはその頃とほぼ一緒。スタンドでは殆ど恩師らとの挨拶会場でした(苦笑)。
その頃と変わっているところ…と云えば、吹奏楽部の指導者が若い女性に替わっていた事。只でさえ男子校な上、質実剛健な校風で在学中から女性の先生が「皆無」…と云う環境で3年間過ごした事もあり、この現象にはかなり吃驚。変われば変わるものです。

応援開始の1曲目が「Ambitious Japan」だったのには、「流石~」と唸ってしまいました(笑)。
#譜面ください…(笑)。
それ以外は、応援形態は他校と何ら変わらず…。応援歌も、多少最近のナンバーが入りつつありますが、元は吹奏楽が演奏しやすい基準なのか?、相手校と余り変わらなかった様に感じます。

さて、肝心の試合について(苦笑)。
2回に相手のエラー絡みで2点先制したのですが、3回にこちらのエラーから、四死球で満塁⇒押し出し&走者一掃の三塁打で逆転…。その後も追加されて気がつけば5点のビハインド。
7回に1点差を詰め、8回も一死1・2塁の大チャンス。ここで…と盛り上がったところで、下から突き上げる様な感覚に気付くと、スタンド内が騒然…。

「地震だ!!!!!」


かなりの揺れに私の真上の照明の鉄塔がユサユサと前後しており、近くの女子高生は「キャー」。1~2分は揺れていた様に思います。
#感覚的には震度5?
グランド上の選手もかなり驚いた様子で、アンパイアが慌てて試合を止めてました…。

この地震で相手のピッチャーに気合が入ってしまったのか?、リプレイがかかると別人の様なピッチングであっという間に二者凡退…。これでほぼ「終戦宣言」でした。結果は3-7で負け(涙)。

ま、二年生主体のチーム構成ながら五回戦(ベスト16)まで良く戦ったと思います。でも、ベスト16⇒8が大きな壁なのもまた事実…。
四回の攻撃まで外野に打球が飛ばなかった事、見逃し三振が多かった事、更には走塁ミス&エラーが重なった事も大きく、プロでも言われますが、相手よりミスをすれば負けてしまうもの…そんな典型の様な試合だったと思います。
#とは云え、これで勝っても、次の相手は東東京代表の重鎮である、T京高校…。更に壁ですね・・・。

終盤、代打で出てきた2年生に結構楽しみなところの多い選手がいて、今の三年生には可哀相ですが、来年の夏の大会には良いチームになるのではないでしょうか?(希望的観測)。

負けはしましたが、まずは後輩達お疲れ様でした。
来年も観に行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/16

夏の高校野球 東東京地区予選 <05140>

今年も気がついたら開幕してました…。(7/9に)

ワタクシの母校の「上野の学習院」は、ノーシードながら2回戦スタートと云う、恵まれた様なそうでない様なブロックに入っておりますが、昨日(7/15)に初戦を迎え、接戦でしたが見事突破しました!。

次の試合は、上手くいけば月曜日(7/18)に、中学・高校受験界では「東大進学率」で有名になるあの学校…。
絶対に勉強では敵いませんが、持って生まれた「鉄道就職率」なら負けんぞ~(苦笑)。

前に母校の試合を観に行ったのは、97年の夏の大会の決勝以来…。
毎年行こう行こう…とは思うのですが、なかなか仕事を抜けられなかったのですが、今年こそは観に行きたいと思ってます。

後輩達、頑張れよ~!。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/06

昭和の名人物 逝く <05032>

デビッド・ジョーンズ氏がお亡くなりになられました。
と云われてもピンと来る方は少ないかと思いますが…。
詳しくはこちら。

大相撲、年6場所の千秋楽、幕内優勝力士への表彰の際には、独特の日本語の言い回しで人気を博された方です。この方が登場すると、決まって場内が盛り上がったのが、子供の頃の懐かしい思い出です。
最初の頃は、言い回しばかりを注目して見ていたのですが、ある時この方の本名と本来の職業を聞いて「へ~」と思い、何となく心に留めていました。その頃、パン・アメリカン航空と云えば、世界最大の航空会社でしたし、隅田川に架かる新大橋を渡ると海側の倉庫街の屋上にネオンサインが掲げてあって、その独特なマークが子供心に焼きついていました。
私の記憶が確かなら、NHKの朝の連続テレビ小説にも出演されていたかと…。

その後、パン・アメリカン航空は会社そのものが消滅してしまい、彼も年齢的、体力的事情から引退⇒帰国されていた様です。

時代の移り変わり…と云うには簡単ですが、そんな事があり私にとっては昭和の記憶がまた一つ消えた思いです。
謹んでご冥福をお祈りします。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/09

ライオンズの身売り騒動に思う <04105>

一昨日(日曜)に明るみになった、ライオンズの売却騒動。何でも、先日新規参入で「落選」した、ライブドアにまで話が行ったのだとか…。
その、新規参入の審査会には、ライオンズの球団代表も名を連ねていただけに、これには売却額云々はさて置き、ホリエモンで無くても、

ふざけるな!

と云いたくなるのは当然である。

いや、ハッキリ言って、これは仁義と節操に欠けた行為と言わざるを得ない。
親会社(コクド)の不祥事から始まって、株の売却、そして今回の騒動。形振り構わなくなると、人間ここまで出来るものかと正直呆れている。

折角、プレーオフの死闘を制し、日本シリーズも取って日本一になったと云うのに、こんな事では選手のモチベーションが下がる上、ファンは離れる…。
近年では、黄金時代の名選手を高年俸を理由に次々に放出して大幅に戦力ダウン(結果的には今の主力の底上げの契機になったのは事実だが…)させ、昔では西鉄時代の「黒い霧」事件で主力選手が連座して身売りを繰り返す端緒となった様に、一つの躓きが大きな転落の引き金になるのがこのチームの悪しき伝統…。

先般の書き込みで、「身売りは無い」と書いたが(売却額が折り合わず、結果的に来年も保有…とのオチになりそうだが)、選手のモチベーションも含めて、今後が非常に憂慮される。

たらればは禁物だが、もし村長さん(根本陸男)が生きていたら、ホークスにしてもこんな騒動にはならなかったのではないか?と。
今の球界再編のゴタゴタを一番嘆いているのはこの人なのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)