グルメ・クッキング

2011/02/18

このつけ汁がすごい <11009>

今日から来週月曜まで、本業がポケットなんで、束の間の休暇。
と云っても、20日の新所沢の演奏会の準備&翌日の二日酔い対策(爆)なんですがね…。

今日の昼食は、うどんでした。
そのつけ汁を作ったのですが、これが旨かった。
作り方です。。。

 ●材料
  サラダ油
  水(お椀2杯分程度)
  顆粒出汁(3g程度…お好みで)
  砂糖(少々)
  醤油
  卵

 ●作り方
  ①鍋の底に残る程度、サラダ油を引いて火に掛ける

  ②油から湯気が立ち始めたら、火を消して、鍋に蓋をする

  ③鍋を流し台に持って行き、蓋を少し空けた間に、蛇口から水を注ぐ(お椀2杯分程度)
   (※要注意:蓋をするのは、油はねを避ける為)

  ④鍋を再びガス台へ戻し、醤油(大目…お好みで)、顆粒出汁、砂糖少々を入れ、火に掛ける

  ⑤煮立ち始めたら、溶き卵を流し入れる


これだけです!。
作っていると同時に、うどんを茹で上げて、水を切るまでしておくと良いです。
葱、七味などの薬味はお好みでどうぞ。

初めてこの作り方を某所で教えて頂いた際、「最初に油を熱する…」と聞いて、「ええっ?」と思ったのですが。
出来てみると、この油がうどんと絡み合って、幾らでも食べられてしまいそうです(オーバーですが)。

お試しあれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/10

豚肉とキャベツの鍋 <10012>

今日は久し振りに早く帰宅。

寒いのと、冷蔵庫の中身を見て、キャベツ(1/2玉)と豚バラ肉(冷凍)が残ってまして、出汁の素と醤油少々を味付けベースに鍋にしてしまいました。

食べて見たら、和風なロールキャベツ(巻いて無いですが)な印象。
やはり、豚肉とキャベツの相性は良いですなあ(白菜もですが)。。。

あと、胡椒を入れてみたら、更に風味UPでしたね。

こうして見ると、久し振りにピェンローを食べたくなりました(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/10

宇都宮餃子 <10003>

3連休の中日。
練習も無かったので、何処かへ行きたい!と云う衝動と、美味いものが食べたい~な衝動にほぼ同時に駆られて、宇都宮へ餃子を食べに行ってきました。。。

渋谷からだと、湘南新宿ラインで1本なので便利ですね~。
#一寸時間は掛かりますがね。

実は、宇都宮で降りたのは2度目。駅の外に出たのは初めて。
#いや、競馬場(西川田)は行った事があるのですが、市の中心街はホント初めて。

JR宇都宮駅で、餃子専門店街MAPを貰い、駅から店が集まっている…と思われる二荒山神社周辺へ向う。
で、目的地に着く手前に「正嗣」の行列を見てギョッ。
二荒山神社(下野国一宮ですし)でお参りの後、お目当ての「みんみん」…と思ったら、ココも物凄い行列(悲)。

寒い中並ぶのも難…と思い、近所の長崎屋の地下に、宇都宮餃子銘店の味を何種類か楽しめる…趣旨のコーナーがあると聞き、そちらへ方向転換。数人並んだだけで、すぐに入れました。
只、何としては、追加オーダーが不可!な事。隣の家族連れ(6人)なんかは、5種類位を頼んでご飯で食してました…(ある意味夕飯のテーブル状態??)

そんな訳で、ビールと餃子3種類で頂きました。
100110_1354001100110_1356100110_1353_2100110_1348

味は、そりゃあもう、大変おいしゅうございました。
ビールは、やや濃かったカナ?。

宇都宮と云えば…
100110_1521餃子のビーナスでしょう…(苦笑)。

そして、
100110_1521001この蛙の像も忘れられません。

それで、飽き足らない…訳でも無いのですが。
帰りに途中下車して・・・

続きを読む "宇都宮餃子 <10003>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/05

獺祭 <09193>

「だっさい」と読むそうです。
調べたら、「獺祭魚」(だっさいぎょ)の略だそうで、かわうその祭りなのだとか。

実は、「獺」と云う漢字を初めて見たのですが、「かわうそ」ってこう書くのですね(汗)。
かわうそ自体も、吉田戦車のマンガで見た程度の知識です(バカ)。

山口は岩国のお酒の銘柄なのだとか。
一昨日のシントコの帰りに、ギターTOP様に「フルーティで美味しい日本酒よ」と教えて頂きました。
こちららしい…。

初めて聞く銘柄なのもあるのですが、一度手を出して見たいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/14

黒松 <09178>

090914_2243

先日、職場の同僚が出産退職する際にご挨拶で頂いたのですが、東十条の駅前にある、草月さんのお菓子です。
5~6年位前に、某団体の練習の差し入れに頂いて、初めて食べて以来、嵌ってます。個人的には5本の指に入るかも知れん。

今は酒飲み(爆)ですが、子供の頃から和菓子は五月蝿い方だと思います…いや、眼が無いと言った方が良いか?(苦笑)。。
ただ、黒砂糖ものは少々苦手なのですが、黒松はまた別。皮に黒糖を使用しているのですが、蜂蜜を混ぜている事で、黒糖の「癖」が中和されているからなのか?、それとも餡が良いのか?。
うーん、また食べたいです。。。

このお店、最中も羊羹もやっている様子。こちらも一度手を出してみたいですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/12

試しに作った炊き込みご飯 <09176>

エントリーが空いてしまいました…。
仕事上のストレスで、壊れそうでした。。。

そんな時は、家事と練習に限ります(苦笑)。

朝は早うから、粗大ごみ出し。
実家時代に使っていたプリンターとミニコンポを処分。
プリンターは、社会人2年目の夏のボーナスでPCを買った際に一緒に手に入れたのですが、流石にPC98シリーズでは、今のWindowsには沿いませんな(悲)。
ミニコンポもね~思い出のある品だったのですが、CDプレーヤーが逝かれ、Wカセットデッキも録音出来る方がピンチローラーが切れたらしく、修理出来れば引き続き使いたかったのですが、術も無く。勿体無い思いから、後ろ髪を引かれる思いでしたが。

で、本題。
090912_1219_2

炊き込みご飯を作りました。
このところ、スーパーへ買い物に行けず、あり合わせのものですが…(苦笑)。

某所から頂いた鮭フレークがそろそろ消費期限近くなのと、粉末の和風出汁が中々使えずに居たので、研いだお米に、これらと醤油を入れて、炊飯器をスイッチオン。
みりんかお酒を少し入れれば良かったかもしれませんが、存外美味く炊けました。

コレを応用すれば、鮭でなくても、豆ご飯とか栗ご飯とか、色々と出来そうな気がして来ました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/23

益子焼で炊飯 <09165>

土曜はシントコ、日曜はコムラード…と夏休み明けな練習の2日間。
心なしか、楽器は良く鳴っているのですが、問題は自分自身。
疲れが溜まっているのか?、それとも閉鎖空間(後者は地下室)故か、半ば頃に酷い睡魔に(悲)
気候よりも先に、あたしの身体の方が先に秋を迎えている様です。正直だ。

で、本題。
今日の夕飯は一つ実験を。

峠の釜飯の容器で炊飯が出来るか?

090809_1459001
先日の「自分のルーツを辿る旅」(エントリー上は未完結)の際に、横川にて駅弁「峠の釜飯」を買ってしまったのですが、毎度困るのが容器となっている益子焼の釜の処分。帰りの接続の関係で、処分しないままに帰宅。

定番としては、タバコの「灰皿」か「植木鉢」らしいのですが、折角、炊飯釜の形をしているので、本当にご飯が焚けないものか?と思ったら、おぎのやさんのHPにこんなレシピが載っていたので、チャレンジ。

090823_1920まず、空容器を洗浄して乾燥。

090823_1938090823_1939090823_1939001

お米カップ1杯(180ml)分を洗米したモノと水180mlを入れて、強火に掛けて5分。

090823_1945
吹き零れたところで、蓋を少しずらしてとろ火へ。
水分の蒸発具合に併せて、徐々に蓋を閉じつつ、水分が消えたところで完全に蓋。
で、火を止めます。

090823_1950
この状態で、15分蒸らし。
蓋を開けてはなりませぬ(笑)。

時間が経ったら…
090823_2008
蓋を開けて、しゃもじで一通りご飯を混ぜて、出来上がり。
お焦げも無く、見事つやつやな銀シャリ(?)

090823_2011

先日作った、豚の角煮で夕食になりました。


電気釜で炊くのとは一味違ったものですが、こうして作ってみると、案外1合飯って、少ないものです(苦笑)。
やはり、そろそろ土鍋で炊飯に挑戦ですかね?(笑)。
あ、土鍋を買わなくては。。。


ちなみに…

続きを読む "益子焼で炊飯 <09165>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/16

お盆こそ家事 <09159>

この土日、お盆休みの所為か、練習も無く…それはそれで淋しいものがあるのですが…旅に出ようと思うもカネも無いので、只管駒場在住(苦笑)。
溜まった家事と懸案事項の8割はこなせたので、由。ただ、所有しているカセットデッキ(新品同様)、5年位納戸に入れっ放しにしていたら、ピンチローラーが切れたらしく、動作不良になっていたのには…(滝涙)。昔確保した音源を、デジタルに取り込もうと思ったのですが、頓挫が確定。

で、本題。暫く振りにお料理。
代沢十字路のサミットで、野菜の特売をやっていた事もあるのですが、買い物方々、大根と長ネギ、あと豚肉のブロックを購入。この時以来の豚の角煮に挑戦。大根を使った料理としては、ここ以来か?。
昨夜、実家に帰った際の夕食に出てきて燃えた…側面も無いとは云えないのですが(苦笑)。

サミットで貰った調理法のレシピで、下ごしらえに米の研ぎ汁(本当はおからの方が良いらしい)で先に豚肉を煮ておくと余計な脂肪分が抜ける…と書いてあったのですが、以前読んだところでは米の研ぎ汁を大根の下ごしらえに使うと…と読んでいたので、ちょっと吃驚。どちらも、狙い通りの効果は出るのですが、こうして読むと、豚肉と大根を一緒に下ごしらえをしても良いだろうに…と思うのは素人ですか???(苦笑)

で、肝心の角煮。
レシピに近い形で、生姜を入れたら、台所中生姜の臭い(汗)。
ま、あと砂糖と酒(本来は日本酒?とかみりん?) 日本酒にプラスして赤ワインも放り込んで、漸く味が安定したかな?あはは。

で、出来栄えは?

090816_2048
090816_2137


左が、煮込んでいる途中(当然か?)。
右は、夕食の一こま。ワインを加えた所為か、煮汁がやや赤いですね(苦笑)…和食や中華と云うにはおこがましい。完全に養殖の範疇に入ってますな。
いや、これはこれで、風味があるのですがね。

ゆで卵を入れてなかったのは、今更ながら痛恨…なんで、茹でて後入れ⇒更に煮込んでます。
煮汁を足しつつ、暫くは楽しめそうですね、コレ。

<本日の馬券>
・クイーンC@札幌…ヤマニンメルベイユ-アメジストリング-スペルバインドの馬複BOX。何と勝ったのは、ピエナビーナス11番人気…これはノーマーク。2着にザレマ。3着にやっとアメジストリング。このレースはどうも相性が良くありまへん。。。

・北九州記念@小倉…カノヤザクラ-メリッサ-ラッキーバニヤンの馬複BOX。レース観てないのですが、逃げ馬が総崩れ?。で、勝ったのはサンダルフォン。予算があったら押えたんですがね(苦笑)。しかし、メリッサよ、豊様が52キロでも乗って来たと云うのに…(以下自粛)。

・金杯@福山…ナムラベンケイとフジノコウザンの単勝のみ。結果的に、セトノヒット@高知の快勝だった様で。尤も、クラマテングが取り消していなかったら、また別の結果になったと思うんですがね。

PAT破産してしまいました…(滝涙)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/07/28

コシノヒロコの卵掛けご飯 <09145>

今週に入って、漸く早い時間の退社に。
と、云っても懐具合が暖かい訳ではなく、そのまま自宅直行なんですが…(苦笑)。
加えて、ここに来て「夜会貧乏」に陥る事が確定し、今日振り込みをした為、ちょっとブルーなんですが。

で、今日の夕飯。
この記事を思い出し、チャレンジを敢行。
っても、塩昆布や海苔は無く、ただシンプルに卵だけではつまらんので、鰹節に買い置きしていた納豆を合わせて混ぜ、めんつゆで味を調えて、ご飯に掛けて只管混ぜる、アレンジ版。

やってみたら、結構美味かったです。
お茶碗3杯分(二合)、ぺロッと平らげてしまいました。

進むうちに「何かに似ている…」と思ったのですが…

続きを読む "コシノヒロコの卵掛けご飯 <09145>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/29

三十年ぶりの天麩羅屋 <09101>

朝から、モニカの練習へ。
会場は、時代小説的に書いてしまえば、

「本所亀沢町、北割下水の畔」

な、いつもの町内会館。
AMから、マンドリン系と低音系別の分奏練習と聞いていたので、気合を入れて行ったら、各パート1人ずつな出席。
結局、指揮者様の指導の下に合奏でしたが…(汗)。判り辛い箇所を徹底的に指導頂いたので、PMからの全体合奏で、AMの練習箇所が更に明確になった結果、これはこれで良かったかな?。
それにしても、パゴダの舞姫は燃えますね(笑)。

で、本題。
昼食に10名位で、会場近所の天麩羅屋さんで…との話になり出向いたものの、水曜定休だったらしく、ボツ(悲)。 
ちょっと、悔しかったのか?思いが強かったのか?ここで、あたしの昔の記憶から、両国方向に一軒ある事を思い出し、清澄通りの総武線のガード脇にある天亀八さんへ。
前回行ったのが、父方の祖父の法事だったのか?祖母の古希か喜寿の祝いだったのか?、確か小学校1~2年生の頃だったので、三十年ぶり位か?。良く憶えていたものですが…。

090429_1234

で、食べたのが天麩羅定食。大変おいしゅうございました。
天つゆの濃さは相変わらずの様で、同じ金額なら天丼定食の方が良かったかも?。
覚え書きとして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)