« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011/06/24

マリネ <11019>

魚のマリネはお好きですか?


続きを読む "マリネ <11019>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/23

コムラード第39回演奏会終了 <11018>

去る、日曜日(6/19)、コムラードマンドリンアンサンブル第39回演奏会、無事に終了いたしました。
来場された方には、御礼を申し上げます。

トッパンホールの定席を超える420名超の来場者となり、団体としては嬉しい反面、満席で入れなかった方も居られた様で、却って申し訳ないと感じてます。


演奏に関しては。

今回初の試みとして、開場後~開演前の時間でのサロンコンサートでしょうか?。
当日午前中のリハが終わってから、ロビーでの設営→そっちのリハとドタバタ。衣装への着替え、昼食の時間も侭ならぬ程で、内心イラついていたのはここだけの話(苦笑)。
サロンコンサート自体も、余り広いとは云えないトッパンホールのロビーにて、お客様の導線を止められない関係もあって、奏者横に並んでの演奏でしたので、他パートの音が聴こえず、演奏が止まらないか?ヒヤヒヤでした。(実際、ラストの「夏の思い出」は本当に横のパートが聴こえなくなった…(滝汗))

それにしても、ギャラリーのカメラのフラッシュが結構凄かった…実際目に入ってしまい、弾き辛い局面もありまして、サヨナラ運転の運転士やパドック周回する馬の気持ちが少しは分かりました。
来場者にもどう聴こえていたのか?ですが、ひとまず無事に終わって何より…と思う間も無く、調弦→本番。。。

本割(?)も、Ⅰ部は細かいミスが多かった様に思います。
1曲目の「峠」が終わった時点で全弦の調弦が狂ってしまい、そっちのケアで気が気で無かったのもあったのですが、反省しきり。
メインのヴェルレーヌの詩に寄せる3楽章は、コムラードとしては16年ぶりのプログラム。今回のナレーションを担当された本郷弦さん(無名塾)の力もあって、良い演奏だったのでは無いでしょうか?

2部は、指揮者はじめ皆さん気合が入っていたのか?1曲目の「シベリア狂詩曲」でエンジンが掛かり、その後は勢いで終演まで駆け抜けた様に思います。
メインのカレリア組曲に関しては、2楽章のイングリッシュホルンのパートソロが、マンドリンオケ編曲ではマンドロンチェロに振られているのですが、何と前半あたしのソロ(滝汗)。なかなか歌い込めず、前日まで色んな方からご指導を頂いていた様な状況でして、ホントご心配をお掛けしました…。本人的に余り自覚が無いのですが…本番は、これ以上無い位に上手くいった様でして、終演後&打ち上げでお褒めのお言葉を頂戴しました。。。
(一番恐縮だったのは、去年の演奏会で「マッチ売りの少女」のナレーションをしてくださった片桐雅子さんから…)
あたし個人的には、今回残念ながら舞台に乗れなかった方や、聴きに来られなかった方の無念に押された?と感じている部分もありますが…。
あのソロが上手くいったお陰か、3楽章の演奏は、コムラード史上最高に良かった?のでは。(ティンパニーが叩き過ぎ?とも思ったが…(笑))

何とも、無事に終わった様で、何より。楽しめた本番だった様に思います。


それにしても…

続きを読む "コムラード第39回演奏会終了 <11018>"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/06/19

今日はコムラードの演奏会です <11017>

前回のエントリーからまたしても日が…(苦笑)。

先週の日曜、無事にゲネプロが終わりました。
今年も、「最強の助っ人たち」が加わり、大変刺激を受けてます。

1106121512421


後で手を上げているのが、パーカスのトラのT氏…(笑)。


と、云いながら、明けて今日演奏会の当日を迎えてしまいました(苦笑)。
宜しければ、是非お越しください。

------------------------------------------------
<コムラードマンドリンアンサンブル 第39回定期演奏会>

39

■日 時
  2010年6月19日(日) 開場13:00/開演14:00
      (開演前にロビーコンサートあります)
 
■会 場
  トッパンホール
  (飯田橋駅徒歩13分・江戸川橋駅徒歩10分・後楽園駅徒歩10分)
■入場料
  1,000円
■演 目
 第Ⅰ部 指揮: 飯塚幹夫
  峠 鈴木静一
  マンドリンエッセイ 第一番 飯塚幹夫
  楽詩 “あやつり” (ヴェルレーヌの詩に寄せる) 鈴木静一
  ヴェルレーヌの詩に寄せる三楽章 鈴木静一

 第Ⅱ部 指揮: 日高哲英
  シベリア狂詩曲 G.イワノフ/帰山栄治 編曲
  夏の庭 P.シルベストリ
  カレリア組曲 J.シベリウス/小穴雄一 編曲
------------------------------------------------

聴きどころは…
 ①ロビーコンサートが13:20頃~あります。あたしもちょっと手伝ってます。
 ②鈴木静一先生の曲は、峠、ヴェルレーヌの詩に寄れる 楽詩「あやつり」、ヴェルレーヌの詩に寄せる3楽章の3曲
 ③指揮者でもある飯塚幹夫氏の曲、約40年ぶりの再演「マンドリンエッセイ 第1番」
 ④メインの「カレリア組曲」(シベリウス/小穴雄一編曲)

かと。
あと、演奏会会場にて、「衝撃(?)の発表」も予定してます。


さて、どんな本番になる事か、ドキドキではありますが、頑張ります!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/06/12

葛飾 <11016>

葛飾で


続きを読む "葛飾 <11016>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/11

演奏会のお知らせ 2本 <11015>

相変わらずの業務繁忙の昨今、なかなか部屋でPCを開けられず、更新が…(汗)。

本番間際ですが、既に個人的演奏会シーズン突入してます。
まずは、2本ご案内です。

1本目
------------------------------------------------
<コムラードマンドリンアンサンブル 第39回定期演奏会>

39


■日 時
  2010年6月19日(日) 開場13:00/開演14:00
      (開演前にロビーコンサートあります)
 
■会 場
  トッパンホール
  (飯田橋駅徒歩13分・江戸川橋駅徒歩10分・後楽園駅徒歩10分)
■入場料
  1,000円
■演 目
 第Ⅰ部 指揮: 飯塚幹夫
  峠 鈴木静一
  マンドリンエッセイ 第一番 飯塚幹夫
  楽詩 “あやつり” (ヴェルレーヌの詩に寄せる) 鈴木静一
  ヴェルレーヌの詩に寄せる三楽章 鈴木静一

 第Ⅱ部 指揮: 日高哲英
  シベリア狂詩曲 G.イワノフ/帰山栄治 編曲
  夏の庭 P.シルベストリ
  カレリア組曲 J.シベリウス/小穴雄一 編曲
------------------------------------------------

今年も鈴木静一3曲(笑)…ですが、曲の軽重?から、メインでは無く、1部です。
とは云え、ヴェルレーヌの3楽章はさておき、「峠」と「あやつり」は、恐らく余り演奏機会が無いのでは?な、レアな曲。
メインは、シベリウスのカレリアです。なかなか味わいがありますね。

あたしは、マンドロンチェロで参加しております。

ちなみに、開場がいつもの演奏会より、30分ばかり早くなってますのでご注意を。
ロビーコンサートなんて、創部以来初めて(?)の試みなんてありまして…そちらも一部手伝っていたりします(汗)。

で、2本目
------------------------------------------------
<アンサンブル・モニカ 第6回定期演奏会>

「monica6th-info-2.pdf」をダウンロード

■日 時
  2010年7月3日(日) 開場13:30/開演14:00
■会 場
  曳舟文化センター ホール
  (京成押上線京成曳舟駅徒歩1分、東武伊勢崎線・亀戸線曳舟駅徒歩3分)
■入場無料
  
■演 目   指揮:平井朗
 第Ⅰ部
  歌劇「カイロの鵞鳥」より序曲   モーツァルト
  バイカル湖の伝説  ヴッターシキン
  ブランデンブルク協奏曲第3番より第1楽章 J.S.バッハ
  

 第Ⅱ部
  星空のコンチェルト  藤掛廣幸
  星の庭  小林由直
  交響詩「美しき川 長良」  鈴木静一
------------------------------------------------

去年まで、益田さんを看板に掲げてやってましたが、今回は団員のみ。
今回初めての試みで、ステージ3部制で中間にアンサンブルを行ってますし、指揮も高草木さんが広島へ転勤になってしまい、さくらマンドリンオーケストラの平井さんを招聘と、モニカとしてターニングポイントな演奏会です。

とは云え、音楽を楽しむ姿勢は変わらずで面白い演奏会になりそうです。

こちらでは、あたしはマンドローネ奏者として参加してます。


今年は、8月にも演奏会に出る事になった関係もあり(後日案内出します)、コムラード~モニカが中一週で本番…それも別のパート…と、最早アホとしか云い様が無いですが…(苦笑)

計画停電の影響も相俟って、暑い中ではありますが、宜しければお越し頂けますと幸いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/06

震災後、初エントリー <11014>

ご無沙汰してます。
久し振りのエントリーで恐縮です。

前回が震災の直前でしたので(それも駄洒落…)、それから音沙汰をせず、ご心配をお掛けしました。
(Twitterでは呟いてましたが…(苦笑))
幸いにも無事でおります。

3/11の震災の時は職場に居ました。
携帯TVでの津波の映像に心を痛めつつ、夜になって、帰宅困難者の皆様同様、歩いて帰宅しました。

あれから2ヶ月以上過ぎましたが、落ち着くどころか、却って混迷を深めてます。
正直、このBlogで書きたい事は山程あります。
この国のカタチに関しては、このところのドサクサを見る限り、どーし様も無く。
殊政治に関しては、限られた意思表示の機会たる選挙で、選挙民が人をキチンと見て判断していなかったか、棄権した結果が全てすべきなんでしょうが…。
「次は憶えて居ろよ」と云う前に、それすらもどうなる事やら。

何れにせよ、感傷に浸る時間は終わりました。
まずは、前を見る事、そして少しずつ書いて行く事が、手っ取り早く出来る事なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »