« .sitファイル <06235> | トップページ | 目眩気味 <06237> »

2006/09/12

気が付けばエッセイストの旦那 <06236>

今朝、netkeibaを読んでいたら,

「ミスターシービーの主戦騎手、吉永正人調教師が死去」

の記事には驚きました。

元記事にある様に、ミスターシービーの主戦騎手である事もそうなのですが、やはり寺山修司の文章に描かれ、そして愛された「後方一気」の騎乗スタイル…これに尽きると思います。

残念ながら、調教師としては目立った活躍は少なかったですが、彼の2度目の奥さん(離婚されていたとは新聞記事で知りました)がTBSの「ブロードキャスター」に出演する度に、「吉永正人」の名を強烈に感じていました。
なので、今日のタイトルは別に皮肉でも何でも無く、それだけ騎手としては個性的かつ仕事師として、素晴らしいと云う敬意の裏返しを込めて…。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


<本日の馬券>
・兼六園ジュニアカップ@金沢…ブラックムーン-ユキノキラリ-マツノメガミの馬単(一部枠単含む…笑)BOX。あと、ブラックムーンを軸にミスエリエール・エバータイム・ローランウェイクへ馬単流し。ユキノキラリ&マツノメガミを軸にミスエリエール・エバータイム・ローランウェイクへそれぞれ馬複(一部枠複)流し。
レースの方はミスエリエールが先行したもの、3角手前で仕掛けたブラックムーンがジリジリと先頭に立ちゴール。ただ、ブラックムーンが直線抜け出してからどうもソラを使った様子な上、内ラチ沿いで粘っていたミスエリエールが、それを見て盛り返しを図ろうとし、ブラックの鬼束騎手が必死でムチを振るい、追っていたのが印象的。結果は3馬身つけていましたが、乗り方が難しい馬なのかもしれません>ブラックムーン。
ちなみに、ブラックタキシード産駒のワンツーフィニッシュでしたね。
買い目に「一部」と書いたのは、馬番号<枠番号の組み合わせの方がオッズが良かったからです。結局、ブラックムーン⇒ミスエリエールの組み合わせは馬単<枠単だった様で、当てたものの非常に損した気分(苦笑)。

|

« .sitファイル <06235> | トップページ | 目眩気味 <06237> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気が付けばエッセイストの旦那 <06236>:

« .sitファイル <06235> | トップページ | 目眩気味 <06237> »