« 折角の早起きなのに… <06080> | トップページ | マンドリンバトン <06082> »

2006/04/06

大外枠で決まった桜花賞は? <06081>

19時過ぎ、K谷氏(コムラード指揮者)から呑みの誘いのメールを受けるも、DDCPの取り纏めが終らず、一時間ばかり目黒で待ってもらう。
ま、彼が六本木一丁目に転職してから3ヵ月、まだ2度目のサシ呑みですがね(仕事が片付かず、お断りしている事も多々なので…苦笑)。

で、ひとしきり音楽…ではなく競馬の話題。
今週の桜花賞@阪神(浦和じゃないよ…笑)の予想については、メンバー構成が未だに良く分からんので、半分聴き手に徹する。
ま、アドマイヤキッスか、フサイチパンドラかなんでしょうが、職場内で「キストゥヘヴン」なんて云われたのですが、枠順見たら外枠…。ますます難解極まりないですな。個人的には、シェルズレイ(金子馬!)でもう一度とは思っていますが、さて?。

その時、K谷氏から話題に上ったのが、「大外枠同士で決まった桜花賞は?」と訊かれて、「ダンスパートナーの!」と答えたまでは良かったのですが、そう云えばこのレースではダンスは2着。ユウキビバーチェが連に絡んだのはその年のオークスでしたっけね?>K谷氏。
持参していた、週刊「Gallop」で調べたものの、前十年表には出て来ず…。尤も、ダンスパートナーの名前が出た時点で、その表から外れていて当然か…(95年なので)。

確か、ヤネが田原成貴だった事までは憶えていたのですが、ファイトガリバーではなし。
帰宅しても、余りに気になったもので調べたら、何とこんなレースだったのですね…。どうもこの馬は、95年暮れの阪神牝馬特別(当時現場出動)と結果的に"ラストラン"になってしまった京都牝馬特別のイメージが強過ぎて…。GⅠ馬と云う事をすっかり失念していましたわ。


あと、ついでに話題になった事として、宝塚記念@京都を観たいなんて…。
尤も6月と、11月に演奏会を抱える身としては、出動出来るかどうか、かなり疑問ではありますね。。。

|

« 折角の早起きなのに… <06080> | トップページ | マンドリンバトン <06082> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大外枠で決まった桜花賞は? <06081>:

« 折角の早起きなのに… <06080> | トップページ | マンドリンバトン <06082> »