« レゾンデートル <06021> | トップページ | 遺構を見に行こう <06023> »

2006/02/01

昼間開催は久し振り <06022>

昨日の脱稿後、暫くは仕事が無さそうなので、有無を言わさず有給休暇(代休?)取得(笑)。
お陰で昼まで、安穏と寝ておりました。

今日は大雨の中を、大井へ。純粋な昼間開催は、東京大賞典を除けば、2002年の東京記念以来かもしれません。
金盃(南関東G2)を目当てだったのですが、天候が天候だったので写真はパス。。
諸々用事を済ませながらだったので、着いたのが準メインの発走直前。
すぐにスタンドへ向かったのですが、2号スタンドの人の少ない事…。閑古鳥が鳴いてます。
昼間開催、平日、雨降りとは云え、重賞開催日にこの少なさは(涙)。
暖かいL-Wingは、それでも人口密度が高かったですが、指定席が空席だった事を考えると、一万人は切っていた?。

取り急ぎ、出走馬をチェックにパドックへ。騎手控室では、アンミツが煙草吸っているのが丸見え…。
それはさて置き、馬体重の大幅な増減もトライワンズラック(-12㎏)程度でしたし、見ていてもピンと来る馬はなし。
結局買ったのは、
 ・メイプルエイト-トウケイファイヤー-ボンネビルレコード-ルースリンドの馬単BOX
 ・ベルモントストームから、上記4頭へ馬複流し

と、ここまでは自宅での予想と変わらず。

ただ、馬場状態が、朝の時点では稍重だったのが、一気に不良まで悪化していた事と、どうも先行馬有利な感じは受けていた事から、内枠で先行出来る&格的には交流重賞(浦和記念)を勝っているモエレトレジャーの単複、馬複&ワイド流しを追加。

馬場入場時に、「東京中日スポーツ賞~」と聞いて、「そう云えば先日の根岸Sと同じスポンサーじゃない!」と思い、たまたま持っていたGallopを見て、「これは内田博幸来るかも」と思い(根岸Sはリミットレスビット騎乗で優勝)、同じ馬番の3連複(トウケイ-ベルモント-ジェネスアリダー)を購入。

で、レースがスタートすると、密かに期待してたモエレは出遅れ…(涙)。
#道理で大井の成績が0-0-0-8な訳です…。

トウケイファイヤーがハナを奪い、二番手にインターセフォーが付け、ベルモントストームとメイプルエイトがその次のグループで淡々と進行。
4角で一瞬トウケイファイヤーとインターセフォーでやられたかな?と思いましたが、直線でメイプルエイトの脚色が良く、ひたすら「張田~ぁ!!!」と叫ぶワタクシ。
残り150m位でメイプルエイトが先頭に立つと、そのままゴール。2着争いで、内にベルモントが居たのは分かったのですが、大外から飛んできた馬の勝負服の判別が付かず、「ありゃ~的文(ボンネビル)かな?」と勝手に判断してトリガミを覚悟したのですが、掲示板に上がった2着の馬番は「4」、ルースリンド(佐藤隆)でした。
慌ててオッズを見返すと50倍弱を付けており、スマッシュヒット♪。

ただ、審議放送を聴いていて愕然。
何と、ジェネスアリダーが4角で競走を中止していました。
レース中は前の争いに夢中で気が付かず、リプレイで、3~4角中間でやってしまった様子…。4角のポケットに目をやると、馬運車に乗せられるところでした。

賞典台では表彰式の準備&検量室手前では口取り式をやっている傍を、ジェネスを乗せた馬運車が通過していく様は、助手席の厩務員の項垂れた顔と相俟って、何とも悲しいものがありました。
#こうなると、馬券を当てても後味が悪いです。

メイプルエイトの復活には、拍手喝采、異議なしなのですが、ジェネスアリダーは本当に残念。近走の着順は悪かったものの、2歳時に鎌倉記念、3歳時には戸塚記念(58キロで逃げ切り!)を制するなど、良い馬だったのですが…。

|

« レゾンデートル <06021> | トップページ | 遺構を見に行こう <06023> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼間開催は久し振り <06022>:

« レゾンデートル <06021> | トップページ | 遺構を見に行こう <06023> »