« 追い込みの3連休、そして <05277> | トップページ | 大納会 <05279> »

2005/12/29

仕事納めと東京大賞典 <05278>

今日は仕事納めと同時に、大井では東京大賞典。
流石に、仕事が立て込んでいる状況では現場出動も侭ならず…(涙)。
一番最近に東京大賞典を現場観戦したのは、2002年のゴールドアリュールの時でして、丁度今の会社に移籍してすぐで休めたから…でしたたし、2001年のトーホウエンペラーも現場に居ました。それ以前は、「〒」関係の仕事だった為、年末休むなんて「ご法度」でしたし、今の会社に移って2年目以降は最繁忙期に当たっている為、出掛けられず…つくづく、現場観戦には縁の無いレースです(苦笑)。

そんな訳で、打ち合わせの合間にこっそり(?)ネット観戦していました。
馬券は、シーキングザダイヤ-タイムパラドックス-アジュディミツオー-シーチャリオット-ボンネビルレコードの馬単BOXとベラージオの複勝を購入。シーキング、ミツオーを頭の組み合わせを厚く&単勝をしこたま買うつもりだったのですが、SPAT4の電話投票の締め切りギリギリだった為、肝心の「しこたま」が買えず…。
レースはアジュディミツオーが逃げ切り、2着にシーキングザダイヤで決まり、「しこたま」分を買えていれば、正月競馬の原資として、楽しい「ろくでなし」生活を送れたのですがねえ(苦笑)。

やはり、アジュディミツオーは大井になると別馬に変わるみたいです。
今回現場に居なかったので、何とも…な部分はありますが、5月や9月に船橋で見た時には少々「ボーッ」とした様な印象があったもので、厩舎に近い船橋のコースよりは、馬運車で連れて行かれる大井の方が「戦闘モード」になるのでしょうか?。川島調教師によると、「来年はブリーダーズカップ!」と云う言葉もあるとか?。来年を楽しみにしたいものです。

タイムパラドックスは、展開が向かなかったと云うのもありますが、やはり同じ年に帝王賞と東京大賞典を勝つのは難しいと云う事を証明している様に思いますし。
それにしても、シーキングザダイヤは勝ちきれませんね・・・(悲)。今年、何度この馬の単勝を買って撃沈した事か…(苦笑)。
とは云え、ダートの年末の総決算としては良いレースだったと思います。


ドバイワールドカップのゼッケンを付けてお披露目のアジュディミツオー

FL030001

|

« 追い込みの3連休、そして <05277> | トップページ | 大納会 <05279> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事納めと東京大賞典 <05278>:

« 追い込みの3連休、そして <05277> | トップページ | 大納会 <05279> »