« 6年ぶりの水泳 <05160> | トップページ | とるに たらない もの <05162> »

2005/08/04

大井のマイルは… <05161>

昨日(8/3)は、大井のトゥインクルレースへ。
この時期の大井のナイターは、スタンドを渡る風が心地良く、夕涼み(?)にはもってこいの環境。
昼間、蒸し暑い自室でのスカパー観戦で少々悶え気味の身体をクールダウンさせるには、丁度良いです。

この日、サンタアニタトロフィー(南関東G3競走)なるレースが行われ…個人的には、旧名の「関東盃」のレース名の方が馴染みがあるのですが(古っ!)…、それと併せて、ホッカイドウ競馬の旭川ナイターと連動しての「スクランブルナイト」(後半3レースを相互発売)もあるとかで、どの位の盛り上がりかいな?とばかりに見に行ってきました。

「スクランブルナイト」そのものの感想については、私自身が平素電話投票で「毎日がスクランブルナイト状態」なので、大井本場における旭川のレース映像配信がほぼライブ中継だった事が歓迎材料なだけで、場内のイベントとしてはキチンと見ていないので???。
あたしの様な「ろくでなし」が、旭川のレースを見ながら「冬樹!」(五十嵐冬樹@コスモバルクの元主戦騎手)と叫ぶならともかく、「岡島!」とか「井上!」とか「亀井!」(渋過ぎる?)とか叫ばれても、普段大井しかやらない(?)仕事帰りの一般のリーマングループには恐らく「ナンノコッチャ?」な状況だったかもしれませんね・・・。
(それでも、コアなファンは居るとは思うが…)
いや、イベント(と云うよりも馬券の発売としては)としては当然あるべきもので、JRAの様に「普段から」行われていれば…、更に云うならば、今全国免許にも関わらず、「地域」の括りで騎乗をしている騎手が他地区遠征を「日常茶飯事」にしていれば、こんな違和感を感じる事は無いのでしょうが…。
そんな点では、今岩手で騎乗しているミスターピンクの行動はもっと応援すべき…と感じた次第。


で、話が逸れましたが、サンタアニタトロフィー
2走前に中央から転厩し、前走圧勝をかましたケイアイミリオンが内田博幸騎乗に52.5キロの軽ハンディで、ダントツの一番人気…(汗)。ただ、パドックを見る限り、些か発汗が見受けられ、「これで勝ったら出来過ぎ…」と思い、敢えて馬単のヒモ扱い…。
結局、去年京浜盃での末脚が忘れられないベルモントストームと、元道営馬&金子真人さんの持ち馬であるロッキーアピールを馬単頭を軸に、この日好調の桑島騎手騎乗のラヴァリーフリッグ(これも元道営馬でしたね)、ドリームサラ、ベルモントソレイユ、スピニングアローへ流す馬券で勝負。

レースの方は、案の定(?)ロッキーアピールとベルモトソレイユ、そしてケイアイミリオンが引っ張る展開。3角で有力どころが動き始めた時に、何とケイアイミリオンは手綱が激しく動くも手応えが怪しい状態…。スピニングアローが絶好の手応えなのがありあり。直線に入って、先行馬が止まったところで、スピニングが抜け出し、このままか!と思ったところで、内からベルモントストームが猛然と追い込むも、漸く捉えたか如何かでゴール…。スピニングアロー&ベルモントストームの間で写真判定に持ち込まれましたが、リプレイを見る限りスピニングアローの大勢有利なのは明らか…(汗)。結局は、ハナ差でスピニングアローの勝ちだった為、馬券は全てボーズ(滝涙)。

その時に気がついたのですが、スピニングアローの鞍上は張田京騎手。去年のこのレースや、マイルグランプリ、東京2歳優駿牝馬などを制してますし、過去にはインテリパワーやアローセプテンバーなど、大井のマイル重賞は結構相性が良い事を今更ながら思い出した次第(遅っ)。
今度から、大井のマイル重賞に彼が乗ってきたら(所属は船橋)、洩れなく買う事にしておきます。
覚書方々。

|

« 6年ぶりの水泳 <05160> | トップページ | とるに たらない もの <05162> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大井のマイルは… <05161>:

« 6年ぶりの水泳 <05160> | トップページ | とるに たらない もの <05162> »