« オースミレパード <05090> | トップページ | 無法松の影 <05092> »

2005/05/05

かしわ記念観戦記 <05091>

今日は、今年から統一GⅠに昇格したかしわ記念。そして、3月のドバイワールドカップに日本代表として出走したアジュディミツオーの「お披露目」もあって、船橋へ出動して来ました。
我が家(駒場)から船橋競馬場への道すがら、新木場で京葉線に乗り換えるのですが、舞浜からTDRへ行かれる方(女性)が多いせいか、カメラ入りのリュックを背負い、片手に競馬新聞を持ったスタイルで電車に乗るのは、相当異質に映っているだろうなあ…と思うと、気恥ずかしさを感じつつ南船橋へ。

「お披露目」が5R終了後…と聞いていたのに、到着したのは電車の遅れもあり13:00…(汗)。
こりゃ間に合わないだろう…と思いながら、入場すると丁度レースが発走、何とか間に合いました。
遠目に見た限り、結構スタンドが満杯そうに見えたのですが、ゴール前の混雑も普段の休日開催並みで、現地合流のK谷氏とも簡単に落ち合えました…

さて、アジュディミツオーのお披露目ですが、前のレースからドバイWC出走時の緑と赤の勝負服に着替えた内田博幸騎手を背にして、2人引きで登場。スタンド前をゆっくり往復して終わりだろう…と思っていたら、ゴール前100m地点から何と返し馬を敢行。ダグで1コーナーまで軽く流して、またゴール前100m地点へ戻り、今度はキャンターを見せる熱の入れよう。「二本目」は調教かと見紛う位でした。
時間にして10分弱の出来事でしたが、お決まりのインタビューやセレモニーが無かった分、却って好感が持てました(笑)。

もう一つのお目当てである、かしわ記念まで2時間ほど時間があったので、船橋初出動のK谷氏を案内がてら場内をぶらぶら。
昼食方々食べた、はぜ天そばは天ぷらが揚げたてでした。味としては、昔の駅の立ち食いそばに出てくる白身魚の天ぷらそばを想像(?)して頂ければ良いかと…。大分前に特観席の食堂で食べた魚定食も良かったのですが、はぜの味もなかなか。やはり海に近いと云う立地(実際に船橋市内には魚市場がある)も多分に影響しているのかもしれません。

あと、船橋は他の南関東の競馬場と違い内馬場の解放をしていない為か、構造上パドックと入場門に近い、スタンドのゴール前部分が混雑してしまうのが難点。とは云っても、4角に近い一般スタンドの最上階部分は結構空いている上、最後の勝負どころを俯瞰出来るとあり、穴場です。(ここも難点は幾つか有りますが…)
ここから数レースを買わずに見ていたのですが、先行馬がそのまま逃げ切ってしまう&2着に粘るレースの多い事多い事。馬場状態も多分にあるのでしょうが、4コーナーで外を回した馬が追い付きそうで追い付けない…。
これで、かしわ記念の狙い馬が殆ど決まってしまった様なものでした。

さて、かしわ記念のパドック。
パドック撮影は、私にとって必須事項です(笑)。整理本部で「撮影許可証」が必要ですのでお忘れなく。
ファインダー越しに見た限り、ナイキアディライトとメイショウボーラーが良さそうな雰囲気。シンコウカリドがややイレ込み加減なのと、サクラハーンの歩みが遅い(川島調教師が出て来て、厩務員にあれこれと指示を出されていました)のが印象的でした(苦笑)。

かしわ記念の買い目ですが、
・ナイキアディライトの単勝(←しこたま)
・ナイキアディライト-メイショウボーラー-アドマイヤドン-タイムパラドックスの馬単BOX
・ストロングブラッド2着軸に、ナイキ・メイショウ・アドマイヤ・タイムへの馬単流し

内心では、最内枠を引いたナイキの逃げ切り、もしくは逃げ粘り&メイショウは地方の深い砂に嵌って…を予想。と云いつつも、JRA所属のGⅠ馬3頭に格で押し切られる…と云う心理が働いた買い方、ではありましたが(苦笑)。

スタンド3Fのゴール前に移動して、かしわ記念のレース観戦。
レースは、ナイキアディライトがスタートをキッチリ決めてハナを主張。メイショウボーラーは枠と行き脚が良くなかったのか、無理にハナに競り掛けず3番手に。(内心、これで「よしっ」と思いましたが…)
向正面から、アドマイヤドン・メイショウボーラー・タイムパラドックスが進出を開始。それに伴って、ペースも上がってきます。
直線に入って、ナイキが捉まりそうになるも、なかなか抜かせなかったものの、残り200m過ぎた辺りで空いた最内のスペースから、経済コースを回っていたストロングブラッドが抜け出して先頭に。外から、タイムパラドックスが突っ込んでくるも追付けずそのままゴール…(悲鳴)。

いやあ、ストロングブラッドに鞍上の内田博幸騎手はお見事でした…(脱帽)。馬そのものの戦跡だけなら、GⅢがやっとのクラスだと思っていたのですが、凄い!と云う一言のみです。
タイムパラドックスの武豊騎手は、大外を回った分届かなかった様子…。一昨年の名古屋でのかきつばた記念(統一GⅢ)も外を回って追い込むも頭差届かず…と云うレースをしていたのですが、芝でならともかくダートはねえ…(苦笑)。
アドマイヤドンは力落ち?、メイショウボーラーは調子落ちもある(前走が余計?)のでしょうが、本質的に砂の深いが良く無さそうに、それぞれ見受けられました。

馬券の結果ですが、云うまでも無く(?)ボーズでした。
ストロングブラッドのヤネとの総合力を、完全に計り間違えたのがそもそもの誤算だった訳ですが。


戦前、色々と言われていた様子ですが、これだけのメンバーが集まった(GⅠウイナーが3頭)のは或る意味、GⅠに相応しいメンバーだった(結果はさて置き)ですし、実際の売り上げ&観客動員を見てみないと何とも云えませんが、現場に居た感想としては充分に「成功」だったのでは?と思います。
後はレース形態上で、本当の意味での「マイルのGⅠ」になるのか、「帝王賞への一里塚」になってしまうのか、来年以降の推移を注視したいと思います。

(内心では、「さきたま杯を『吸収合併』⇒1,200mのGⅠ」とした方が、距離体系的に春のダートスプリント戦としてJBCスプリントと対極になる…と踏んでいるのですが>この向きについては異論が多いとは思いますが)

|

« オースミレパード <05090> | トップページ | 無法松の影 <05092> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かしわ記念観戦記 <05091>:

» かしわ記念回顧 [Re:F's blogroom]
 「統一G?に早くも暗雲?」 ・・・なんて見出しがついたら何だか嫌ですね。勿論、ストロングブラッドが勝った事での「ジンクス」が引っ掛かるところではありますが。 それにしても、今回の勝利は馬というより「騎手の勝利」ですよね。道中インで追っ付け、4角で逃げたナイキアディ... [続きを読む]

受信: 2005/05/07 13:05

« オースミレパード <05090> | トップページ | 無法松の影 <05092> »