« 名古屋競馬ライブ配信開始 <05089> | トップページ | かしわ記念観戦記 <05091> »

2005/05/04

オースミレパード <05090>

今朝の新聞を読んでいたら、こんな記事が出てました。

ハルウララもびっくり、戦後最高齢の競走馬が出走

ハルウララと比較する見出しのセンスはさて置いて(苦笑)、昨日(5/3)の高知競馬のレースに出走したオースミレパードが、戦後の最高齢出走記録を樹立したとの事で、目出度く全国紙の記事(と云っても扱いは小さいですが…)を飾ってました。

毎日、地方競馬のレースに出走する元道営所属馬の情報を書いている中で、現在高知に所属する彼の出走は、現役時代を多少知っているだけに気にしてはいたものの、まさかこんな大記録を樹立する年齢になるとは、正直なところ思いも拠りませんでした。

彼が競走馬デビューしたのが1993年ですから、足掛け12年。JRA時代は、重賞制覇は無かったものの、ダートのオープン馬として息の長い活躍をしていた印象が非常に強いです。
個人的には、結構オイシイ思いをさせてもらった事が度々ありまして、中でも96年の仁川ステークスでは、鞍上だった西浦騎手(現・調教師)の引退レースか何かで2着に飛び込んで結構付いたのが一番の思い出かもしれません。

彼も、人間の年齢に換算すると50歳…。
何かにつけて比喩したがるマスコミ辺りからは、「リストラの星」だの「おじさんの星」だのと彼について書きたがるのでしょうが、でも競走馬が大体馬齢7歳を過ぎると「肩叩き」が始まるところを考えれば、14歳と云う年齢まで無事に走り続けているのは、ある意味「生命の神秘」と云うのは、決して言い過ぎではないと思います。


彼の登録情報はこちら

彼の出走履歴はこちら

レース出馬表はこちら

レース結果はこちら

※以上、地方競馬全国協会HPより参照。

関係記事
 14歳馬オースミレパードが出走  (netkeiba.comより)

 14歳で出走オースミレパード、南井感激?  (日刊スポーツより)


高知けいばオフィシャルサイトはこちら

|

« 名古屋競馬ライブ配信開始 <05089> | トップページ | かしわ記念観戦記 <05091> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オースミレパード <05090>:

« 名古屋競馬ライブ配信開始 <05089> | トップページ | かしわ記念観戦記 <05091> »