« 教官 <05099> | トップページ | 打ち合わせ無しの即興演奏 <05101> »

2005/05/17

サイゴウジョンコから思った事 <05100>

今、NHKの朝の連続テレビ小説「ファイト!」に登場する競走馬の名前です。
最近、早起きした時には見てます。

今日(5/17)の回で、所属している「群馬競馬場」から中央競馬(府中)に遠征して勝利し、JRAGⅠレースの出走権を得る…件がありましたが、ONAIRの映像から判断するに、ゼッケンが特別戦用の黒ゼッケン(ファンファーレは関東GⅡ&Ⅲバージョンでしたが)…と云うところから、スイートピーS⇒オークスなんでしょうか?。
サイギョウジョンコの設定が、牝馬と云うところまでしか私自身知らないので、何ともなんですが。3歳でしたら、間違いないですよね?。

ついでながら、馬主の西郷さん(藤村俊二)は中央の馬主資格はお持ちなんでしょうか…?。
勝負服見たら、マチカネ(細川益男氏)のものでしたね。

ま、挿話的部分なので、その辺りのディティールはどうでも良い話なんでしょうが。
初戦(?)で、今は亡き高崎競馬場のトップジョッキーだった水野貴史騎手(現:浦和)が乗ってくれていただけでも、非常に泣かせてくれた設定なので、ちょっと気になりまして(苦笑)。


と云うのは正直なところ表向き。
このドラマに対して、新聞のラテ欄の感想を見ると、「朝から、倒産だの暗い話は見たくない!」なんて叩かれていて、非常に気になっていたところもありまして。
以前に放映されていた、「おしん」や「すずらん」においては行く先々でいじめを受けたり、「ほんまもん」に至っては父親が舌癌で闘病するなどのシーンが出ると、「朝から暗い!悲惨!」と揶揄されるのは、この時間帯の宿命なのかもしれませんが、人生上ばかりじゃないでしょうに…。
どん底を経験して、そこから這い上がって成長するところに、この時間帯のドラマ共通のメッセージがあると、常々感じている次第。

確かに短期的に見れば、朝からの暗いシーンは宜しくはないですが、全体としてみれば一時の事。もう少し長い目で見て欲しいな…と感ずるところ大です。

ついでながら、悲劇が大きい程、ハッピーエンドの感動も大きいのもまた事実。
先に列挙した過去の作品が好作だっただけに、「ファイト」もその路線に乗りそうな気が、(今から)してます。

|

« 教官 <05099> | トップページ | 打ち合わせ無しの即興演奏 <05101> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイゴウジョンコから思った事 <05100>:

« 教官 <05099> | トップページ | 打ち合わせ無しの即興演奏 <05101> »