« ねむい… <05056> | トップページ | 宇都宮 <05058> »

2005/03/07

日替わりメニューの仕事と選曲の惨曲 <05057>

3月2日(水)
 半日、結構ゆるゆると過ごす。午後からパラオの原稿に着手する。
 夕方接骨院でいつもの鍼治療が終わると、「今日からは違う電気を当てましょう」と院長。何かと思えば、妙なジェルを塗られ、くるぶしの患部に電極を当てられゴリゴリと。ジェルを塗られた時に一瞬「超音波か?」と思ったが、1~2分経つと、妙に足がしびれる。全体的に電気が回っている感じ。気分は電気クラゲ?。
 帰社してクライアントへ出向き、前日に提出した「月刊もの」の初校赤字受領。代金も併せて貰えるかと思い気ちゃ、「21時位まで待って欲しい…」との事。先に、上役と手分けして赤字の集約⇒T塚氏への返却。それでもまだ来ないので、ヒルトップガーデンの地下で閉店セールの弁当を食べ、パラオの原稿作りに掛かる。代金の方は22時前に連絡が入り、「今日はギブアップ…」との事。それなら先に云ってくれ~。パラオも纏まりきらず、24時前に退社。
 

3月3日(木)
 朝、早々に出社。前夜貰えなかった「月刊もの」の代金を受領する。しかし、不備だらけで原稿作成がままならず…。その指摘に忙殺されてしまい、それで午前中が終わる。
 昼食はK分CPとヒルトップガーデンにてパスタ。
 午後、気を取り直して代金原稿作成。同時進行で、「臨時便」の念校チェックが入るが、流石にこれは上役にヘルプを依頼&クライアントチェックを並行。代金原稿は15時くらいに力業でUPし、現場のM由美嬢へ流す。
 夕方の接骨院を挟んで、クライアントへ出向き、念校の赤字を受け取り上役へ。私は、前日からストップしていたパラオの原稿作り。夜、T塚氏が来社し、一緒に手渡す。
 22時前に帰ろうとしたら、雨がパラパラ…かと思い気や、実は雪だった。


3月4日(金)
 朝起きると、外は一面の銀世界…。前夜からの雪が降り積もるも、大雪にはならず。ただ、通勤電車は概ね遅れ気味。井の頭線も珍しく30分遅れの運転。何だかんだと云いつつ、職場にはいつもより10分遅れの出社。
 出社後、ミクロネシアの月刊ものチラシの念校をクライアントに提出。併せて、ヘルプの上司に同時進行で校正を依頼する。昨日の臨時便チラシと云い、業務が殆ど日替わり定食状態…(苦笑)。
 昼食はヒルトップガーデンの地下でイカと帆立のあんかけ弁当。ここは最近50円増しでご飯大盛りにしてくれるのだが、よそってくれる人により量がまちまちなのが何とも…。今日はドカベン状態になる。
 午後、一昨日納品されたソフトを試す。MacDriveと云って、WindowsでもMacフォーマットのメディアがマウント出来る優れもののソフトであるのだが、社内でWindowsXPを導入したら前のバージョンが使えなくなってしまい、サポートを受けようにも潰れたのか、日本法人が撤退したのかで詳しい情報が得られず非常に往生していた。が、よくよく調べたらどうもライセンスを譲渡したか何かで、某ソフトメーカーが新バージョンを販売しており事無きを得た次第。うちの職場の場合、クライアントはWindowsで制作現場がMac…なんて環境の違いが発生すると、PCを動き回らなくてはならなくなるので結構助かる。
 夕方、いつもの様に接骨院で鍼と電気ショックの治療。帰社して、グアム・ロタパンフの原稿作りと午前中に提出した「月刊もの」の赤字引き上げ。「月刊もの」は上役に一任し、ひたすら切った!貼った!のパズル。「メントレG]までには家に帰りたいと思うも、気がついたら23時前…。
 帰宅して、早く寝れば良いものを、ネットサーフィンとビデオを見る。気がついたら朝の4時…。私は何をしているのでしょう?。


3月5日(土)
 朝9時に目覚ましが鳴ったのは憶えているのだが、二度目に気がついたら13時…。慌てて起き出し、「義経」の再放送を見ながらブランチ。その後、阪神の重賞チューリップ賞の予想をし、ネットで馬券購入。
 15時過ぎに外出。渋谷の伊東屋で買い物をし、そのまま目黒へ。接骨院でいつもの鍼治療を受ける。鍼を打たれ、電気を流されるまではいつものパターン。今日は、電気を流されながら、赤外線照射を受ける。ちょっとの進歩。
 夕方、渋谷郵便局に立ち寄り一通手紙を投函しようとしたら、時間外窓口に長蛇の列。何があったのか?。そのまま、宮益坂からマークシティを道玄坂方向に抜け、円山町まで歩く。
 帰宅して、溜まっているビデオを見て、明日の新座の選曲会議の最終案の取り纏め。

チューリップ賞の馬券は、オリエントチャーム-ディアラノビア-エリモファイナルの馬単BOXを軸に、ハギノコマチとケイアイメルヘンをヒモに流す。予想しながら、エイシンテンダーが着来たら嫌だな…と思ったら、案の定の快勝。2着、3着も人気薄で3連単で123万馬券ですか…。お話にならず。K谷氏からは、「阪神千六内枠は幸四郎」の格言が届く。そうでした…。


3月6日(日)
 朝9時に目が醒めるが、余りの寒さに1時間くらい二度寝する。流石にこれ以上寝ると起きられなくなりそうなので、さっさと起き出し、洗濯機を廻し、朝食を摂り、中山の重賞弥生賞と中京の重賞中京記念の予想をざっくりと。
 昼過ぎに外出をしたら、余りの寒さに絶句。いつもより一本遅い電車に間に合う筈が、すんでのところで行ってしまい、東大颪の中7分待ちで凍える…。
 志木へ向かい、新座の選曲会議の2回目に出席。2ステージの割り振りはすんなり決まったのだが、曲がなかなか決まらず、やや紛糾。難産ながら、私の担当分のメインも決まる。方向性も併せて決まるが、一般受けする曲のアレンジになかなか良いものが見受けられず、メインを除いては継続課題となる。そろそろ、座付き編曲者の必要性が発生か?。
 アフターのお茶を一時間ばかり。19時過ぎに帰宅。「義経」~「全国競馬便り」~「競馬場の達人」と渡り歩き、その後は溜まっているビデオを全て見きる。殆どが、前の週に録画した「新・必殺からくり人」。加賀まり子や、綿引勝彦(当時は綿引洪)の若い頃ってこんな感じだったんですね。

馬券は、ふた鞍購入。買い目は以下の通り。
・弥生賞@中山 アドマイヤジャパン-マイネルレコルト-ディープインパクトの馬単BOXを軸に、ニューヨークカフェをヒモ流し&ヤケクソ気味に単勝まで手を出す。
・中京記念 メガスターダム-アサカディフィート-グレイトジャーニー-メイショウドメニカ-セフティエンペラーの馬複BOX。

弥生賞は、ディープインパクトは着差以上に快勝。馬券は当たるも焼け石に水。しかし、後藤も横山典もディプインパクトに購おうとしての乗り方なので、逆にスッキリする。
中京記念は、メガスターダムが快勝するも、2着にサンライズペガサスが突っ込み、ボロ負け…。先週の勝ち分が吹っ飛ぶ。


3月7日(月)
 前夜の寒さに比べたら、朝の暖かさにやや拍子抜けする。コーヒーを朝食代わり。
 出社して、K菅氏と3年ぶりの再会。久し振りに仕事を依頼するべく呼んだのだが、殆ど昔話に終始する。あの頃は若かった&無茶苦茶な日々でした?。良い方向に纏まりそうな予感。
 昼食は、K分CPと讃岐うどん。目黒の東口にも某チェーン店が進出していたんですね。渋谷公園通りの一号店に開店当初に行ったきりだったのですが…。
 午後~夜に掛けて、先週から掛かっているミクロネシアのチラシ4本の下版前チェック。上役達にもダブルチェックで手伝ってもらいましたが、いやあ骨でした。何とか脱稿出来て、やれやれ。
 早く帰れると思いきや、結局22時過ぎに帰宅。麻婆豆腐で夕食。

|

« ねむい… <05056> | トップページ | 宇都宮 <05058> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日替わりメニューの仕事と選曲の惨曲 <05057>:

« ねむい… <05056> | トップページ | 宇都宮 <05058> »