« 2年越しのリベンジ…なるか? <05008> | トップページ | バロックと吟遊詩人と人魚姫と <05010> »

2005/01/13

NARグランプリ2004 <05009>

地方競馬の去年の代表馬を決定する、NARグランプリ2004が発表された。
先日発表された、2004年度JRA賞と同様に、こちらも概ねケチのつけ様が無い内容。

選考の基準がNAR(地方競馬全国協会)のページにUPされているが、興味深いのが年度代表馬とサラブレッド3歳最優秀馬の部門。
両部門とも去年活躍した3歳馬、ホッカイドウ競馬所属のコスモバルクと、船橋所属のアジュディミツオーの決戦となったが、前者はダートでの戦績は地元の北海優駿のみであったが、中央の芝GⅠレースへ果敢に挑戦、好走したパフォーマンスが評価されての年度代表馬、後者は東京大賞典で中央を含めて古馬を一蹴した事(もっと云えば、デビューから無敗で東京ダービーを制覇した事もあるとは思うが)からの3歳最優秀馬となったのだとか。

内容そのものはなるほど…なのだが、どうも「痛み分け」と云う印象が拭いきれない。
と云うのが、コスモバルクは先述した通り、ダート戦は地元の北海優駿1走だけである。否、確かに芝路線での活躍は特筆して良いし、日本競馬全体を盛り上げた功労者として恥じないタイトルである。
が、アジュディミツオーも東京大賞典を完勝した内容は特筆モノである上、日本テレビ盃でナイキアディライトを、JBCクラシックでアドマイヤドンをそれぞれ苦しめて、あわやと思わせた内容は大いに評価されて良いと思う。

あと、3歳最優秀の部門にアジュディミツオーが選ばれたものの、世代内の対戦ではややどうかな?と云う印象が残っている。
非常に意地悪な言い方ではあるが、この2頭の直接対決が一度も無い!(笑)。
それはさておき、アジュディミツオーの場合、ジャパンダートダービーではキョウエイプライドに半馬身交わされて「地方最先着」を逃した上、南関東グレードの黒潮盃でもこのキョウエイプライドに負けている事。更には、ダービーグランプリを回避している事で世代内の勝負付けが終わっていない事…。
確かに、東京大賞典でのパフォーマンスはとても素晴らしい上、ダービーGP上位馬を蹴散らしているが、どうも先の2点が引っかかる。古馬との斤量差もあり、3歳最優秀の部門はやや安直だった様にも感じる。
(他にいなかった…と云われればそれまでだが)

これらを勘案して、敢えてこの2頭に年度代表を分け与えると云う事でも、個人的には良かったと感じている。

とは云え、両馬とも今回の受賞が全てではなく、本当の意味での評価は今年の結果に係ってくると思う。
コスモバルクは、日経賞から再度中央芝路線への挑戦を表明しており、アジュディミツオーは川崎記念からドバイワールドカップへの挑戦を表明しており、そこで結果を出せるか?である。
良い意味で今回のこの2部門の選考が白熱したものだっただけに、この2頭の今年のレース振りには注視していきたいと思う。

|

« 2年越しのリベンジ…なるか? <05008> | トップページ | バロックと吟遊詩人と人魚姫と <05010> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NARグランプリ2004 <05009>:

» えっ!バルク移籍するの!!!! [トニー便]
コスモバルクがJRA賞特別賞とともに、地方年度代表馬に選出されたという喜ばしいニュースが入ってきました。しかし、次走の日経賞で3着になったら、中央移籍だそうです... [続きを読む]

受信: 2005/01/13 20:06

» 地方競馬に関することを幾つか [F’s blogroom]
 昨日あたりから、地方競馬関係のニュースが幾つか入ってきているので、ちょっとばかり書いてみます。 【その1】かしわ記念、統一GⅠに格上げ  まあ、現時点... [続きを読む]

受信: 2005/01/14 15:59

» NARグランプリ 年度代表馬はコスモバルク! [地方競馬に行こう!]
さて、遅ればせながら、NARグランプリ2004の記事を書きます。 最優秀ターフ馬 [続きを読む]

受信: 2005/01/14 21:50

« 2年越しのリベンジ…なるか? <05008> | トップページ | バロックと吟遊詩人と人魚姫と <05010> »