« シンザン記念 <05005> | トップページ | 2004年度JRA賞と馬事文化賞 <05007> »

2005/01/11

脱稿と3連休 <05006>

1月6日(木)
 担当していた、「大自然&歴史紀行」と「ハイキング」関係のパンフレットの最終チェックを終え、印刷会社の手に渡り漸く脱稿。思えば、今回はクライアントの方針変更が多く、10月から長い闘いであった…。今まで扱っていないディスティネーションも発生して、結構勉強になったアイテムであった。
 やれやれと安堵しているのもつかの間、別途進行中の「ダイビング」関係のパンフレットが体裁変更。二度目の校正と云うのに、ここでの方針変更に些か戸惑う。あと二回しかチェックの機会が無いのに…(悲鳴)。デザイナーのN代嬢に電話で状況を説明したら、向こう側で引いているのがありあり。折角構築してもらったレイアウトがものの見事にボツになり、心の中で手を合わせる。
 校正のヘルプで来て貰っている派遣さんが、翌日別の方面のヘルプに入る事になった為、構成案のリセット方々、赤字の取り纏めで終電を逃す…。

1月7日(金)
 午前半休。年末より立ち上がらなくなった自宅PCのオンサイト修理を受ける。
 電源部分の故障と云うのは判りきっていたのだが、箇所が箇所だけにマザーボードへの影響を考え、先方のサービスでボードの交換を受けるが、とんでもないバージョン違いでエラー発生…。サイト上から、ドライバーのダウンロードを試みるが上手くいかず、結局元々据付のボードに戻したら、何の事も無く立ち上がる。 この事で、出社時間がやや遅れ、ちょっとばかりイライラが募る。
 午後に出社。夕方までは平穏そのもの。夜に、N代嬢が来社し、「ダイビング」の打ち合わせ。クライアントから原稿が戻りきらず、N代嬢を帰した後、後送原稿と追訂の整理。
 終電で帰るつもりも、タイミングを逃し、本日もタクシーで帰宅。

1月8日(土)
 昼頃、上司からの電話で起床。
 印刷会社から、2日前に手を離したアイテムの下版時チェックでエラーが出た為、最悪の状況を考え、急遽出社。こう云う時、職住接近である事を考えさせられる。結局のところ、追訂部分の情報が印刷会社に伝わっていなかった事による事が分かり、事なきを得る。
 夕方、帰宅。狙った様に、新聞の集金が来訪。暫く不在だったのは心苦しいも、3ヶ月分滞納していた為、連休にこの出費はかなりの痛手。
 翌日の練習に備え、早々に就寝するつもりも、「アド街ック天国」で懐かしい浅草観音裏が取り上げられ、熱心に見入る。大学芋とパン屋は父との思い出が甦った。でも、染太郎が紹介されていなかったのはやや不満。どうも紹介されている店は千束が多かった様な…。
 なんだかんだと原稿を纏めたり、家事をこなしたりで、結局1時。テレ東で、「ギャラリー・フェイク」の第1回をついつい見てしまう。原作をオンタイムで読んでいただけに、アニメになるとまた新鮮な印象。年末までこの時間帯で放映されていた「モンキーターン」が非常に良かっただけに、この時間はまた見逃せなくなりそうである。

1月9日(日)
 朝から西川口へ、川口MEの練習へ出席。練習会場が西川口から結構な距離。一年前に一度行ったきりだったので、少々不安に陥るも無事到着。
 実質、2度目の出席だったが、一度やった経験のある曲が数曲あり、気持ち的にはここ一年では一番気持ちが安定した演奏。あと新顔の曲をどうこなすか?。本番まで20日弱の勝負に賭ける事にする。
 しかし、この日は底冷えの1日。合奏中、足元から寒さが伝わってくる。
 練習がハネて、新年会方々西川口駅前で一杯。「寒いね」と云いながら、まず一杯目に麦酒を呑んでしまうのは酒呑みの悲しい性か?。年上の方々が殆どだったので、呑み過ぎないように気をつけていたつもりが、結構な量呑んでいた。帰りの埼京線で立っていて、足元から崩れた…。
 席上、「マンドラが主旋律になると、そうでない部分より音が大きいよね?」と指摘され、TOPのM田氏共々同感。確かに、自分自身アパショネートの利かないのは、直っていない悪癖である。
 
 この日、中山でガーネットSがあり、電話投票で買うも、2着に最低人気のエンゲルグレーセが突っ込み、結構な穴配当。この馬、3年前のエルムSを快勝しており、その実力を考えれば好走しても不思議は無かった?。まさか、「腐っても重賞ウイナー」の教訓がここで生きてしまうとは…。

1月10日(月)
 今日も中央競馬は開催。京都の重賞、シンザン記念の馬券を購入し、午後イチに外出。川越にて、新座MCの新年会。
 当初、埼京線で渋谷から一本と思い、その方向で向かおうとするも、よくよく調べてみたら、池袋から東武東上線経由の方が、時間も運賃も割安になる事が判明。
 川越で向かったのは喜多院。毎年吉例、メンバーの安全・健康のお札を納めに&今年のお札を貰いに。護摩焚きを初めて受ける。なかなかの迫力。不動明王像をみて一言、「梵天丸も斯くありたい」。
 その後、隣の成田山に参拝し、時の鐘を見に街を散策。川越そのものをじっくり歩いた事がなく、初物尽くしで、殆ど「おのぼりさん」状態。名物の芋菓子を購入。谷口部長のご子息が走り回るのを見て、子供の勢いに圧倒される。
 夕方から、プレ新年会として一杯。

|

« シンザン記念 <05005> | トップページ | 2004年度JRA賞と馬事文化賞 <05007> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脱稿と3連休 <05006>:

« シンザン記念 <05005> | トップページ | 2004年度JRA賞と馬事文化賞 <05007> »