« 大井と園田と京都で焦げ付く <05020> | トップページ | 顧問 <05022> »

2005/01/26

川崎記念 出征の記 <05021>

今日は思いがけず仕事が暇になったので、午後半休を行使し川崎へ。
今年初のGⅠレース、川崎記念(ダート2100m)を観戦にである。
出走メンバーはこちら。

1枠 1番 ノボトゥルー(JRA)   57 内田博幸
2枠 2番 トーシンブリザード(船橋) 57 今野忠成
3枠 3番 モエレトレジャー(川崎)  56 金子正彦 
4枠 4番 マンボツイスト(岩手)   57 森下博
5枠 5番 ダンツフレーム(浦和)   57 見澤譲治
5枠 6番 メルクリオス(川崎)    57 野崎武司
6枠 7番 ウツミジョーダン(岩手)  57 小林俊彦
6枠 8番 イシノファミリー(川崎)  57 山田信大
7枠 9番 タイムパラドックス(JRA)57 武豊
7枠10番 ダイワエルシエーロ(JRA)54 福永祐一
8枠11番 シノブホマレ(笠松)    56 川原正一
8枠12番 シーキングザダイヤ(JRA)56 横山典弘

港町の駅に着いたのが、9R発走5分前。競馬場に入ったら、既にスタート直前でした。
前夜から午前中にかけての雨…とも雪ともつかない天候で、馬場は道悪。9Rを見る限り、先行馬が残る展開とレース想定を立て、パドックへ。

しかし、平日にも関わらず、パドックは人、人、人。
年末の東京大賞典を勝った、アジュディミツオーが直前に回避はしたものの、去年のオークスを勝ったダイワエルシエーロが路線変更で勇躍参戦した上、JCダートを快勝したタイムパラドックスが武豊を背に登場するとあって、皆様それが目的?。それを反映するかの様に、タイムパラドックスの単勝オッズが1倍代のダントツ人気。
パドックですが、見た限りで一番良く見えたのはモエレトレジャーとメルクリオス。JRA勢ではシーキングザダイヤと云ったところ。
タイムパラドックスの馬体はなかなかも、どうも馬自身がボーッとした印象。ダイワエルシエーロは物見までは行かないまでも、どうもピンと来ず。マンボツイスト、ダンツフレームに至っては、勢いのあった頃の雰囲気が微塵も感じられない…。

騎乗合図が掛かる前にパドックを離れ、オッズプリンターでオッズを取り出し、2階スタンドへ。ゴール前の辺りがレースを俯瞰出来る上、ゴール前の攻防もきっちり捉えられるので、一番好きなポイントで有る。

馬券は、先行有利の馬場を勘案し、モエレトレジャー、タイムパラドックス、シーキングザダイヤを中心に馬単を組み立て、押さえにノボトゥルーと左回り得意のウツミジョーダンを馬複で流す買い方。あとは、モエレトレジャーの単勝。
どうも、断然の一番人気と云うのを見ると、心情的に転げそうな気がするも、反面「保険」に押さえてしまうのも人情。
(一体何点買ったでしょう?(苦笑))

レースが始まり、実況の云う様に「ジャスト」なスタート。逃げると思ったモエレトレジャーが3番手に控え、逃げたのはトーシンブリザード…。内心、あ~あと思いましたが(苦笑)。
2周目の3コーナーで、ダイワが抜け出しかけたところへ、シーキングとタイムが襲い掛かり、直線向いたところでダイワが脱落し、シーキングとタイムの一騎討ち状態。
一応、この2頭の馬単の裏表両方持っていましたが、シーキングの1着の方が配当がつくのが分かっていたので、ひたすら、「ノリ、ノリ、ノリ~ィ!」と叫ぶも、ゴール板でタイムパラドックスが頭差抜けたところでゴール。ま、馬券は当てましたがね…トリガミではありますが。

悔しかったのが、3着に入ったウツミジョーダンの馬券。そう、馬複だった事。
いつもであれば、3連複なり、ワイドなりで流すのですが、これは残念。シーキングザダイヤ-とウツミジョーダンのワイドの組み合わせで10倍台つくのなら、オイシイ馬券。
買っていないものを悔やんでも致し方ないですが、全て外れてゼロになるよりはマシ。

表彰式まで残りましたが、1番人気を背負って、頭差でもキッチリ勝つ辺り、武豊の凄いところ…でしょうか。
少なくとも観客の拍手の暖かさがそれを物語っていた様に思います。
総じて、好レースでした。

一つ残念だったのは、急遽仕事が空いて行く事になった為、カメラを持ち合わせていなかった事。
これだけ、良いレースだったので、パドックから押さえておきたかったです。


<余話>
 帰る前に、場内にある「佐々木竹見ギャラリー」に立ち寄ったのですが、そこで映画「レディ・ジョーカー」のチラシを見つけました。
高村薫の小説が原作になっていて、映画のロケにも川崎競馬場が使われた縁からで、劇場公開の頃には徳重聡をプレゼンテーターに招いての「冠レース」を開催してました。
地方競馬向かい風の折、こう云う部分も、きちんと広報をかけると、良いアピールになると思うのですが…。
(原作をきちんと読んでいないのですが、警察に「大森」とか「蒲田」と出るなら、大井競馬場が舞台じゃないの?と云う疑問が湧いたりもしますが)

|

« 大井と園田と京都で焦げ付く <05020> | トップページ | 顧問 <05022> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川崎記念 出征の記 <05021>:

« 大井と園田と京都で焦げ付く <05020> | トップページ | 顧問 <05022> »