« 奉祝馬券 <04120> | トップページ | 契約更改 <04122> »

2004/11/23

一年で一番盛り上がる一週間 <04121>

今週末は、ジャパンカップ&ジャパンカップダートと国際招待レース2レースが行われます。
毎年土日にこの2レースを分けて開催していたのを、今年はJRAが50周年のお祝いとかで、中央競馬史上初のGⅠレースの同一開催になっています。

#個人的には今年は、同じ日に新座の本番が入っており、当日府中に駆けつける事は出来ないのが残念ではありますが…>私的な「お祭り」と云う事で。

毎年、このジャパンカップに向けての一週間と云うのは、私自身一年で一番気持ちが高揚する一週間。
何といっても、海外のビッグネームと、日本の一線級の馬が相まみえるとありそれだけでワクワクです。
月曜日に競馬週刊誌を買い、併せて毎日のスポーツ新聞の競馬面は食い入る様に精読。木曜日には外国馬の調教を見に府中へ駆けつける…。ここ3年、毎年の行事になってます。

しかし今年は、ジャパンカップの登録馬を見て唖然。
例年に比べて、メンバーが小粒になったと云うのが正直な感想…。
外国馬はこれまでの様な、ブリーダーズカップ(アメリカ)や凱旋門賞(フランス)で好走した馬のエントリーは無く、日本馬に至っては、GⅠウィナーが先日の天皇賞(秋)を勝ったゼンノロブロイや菊花賞を買ったデルタブルース、去年GⅠ2勝のヒシミラクルのみで、一線級としてはコスモバルクがどこまでやれるか?の期待はあるものの、こちらも小粒なメンバー…。どうも、気持ちの盛り上がりに欠けます…。

反面、ジャパンカップダートは結構良いメンバーが揃っています。
日本ダート界の首領、アドマイヤドンをはじめ、ダートグレード競走では好走しているメンバーに、「刺客」としてアメリカからトータルインパクトが参戦。
アドマイヤドンが、去年ハナ差でタイトルを逃した悔しさをどう晴らすのか?と、芝路線から矛先を向けてきたローエングリンがどこまで頑張れる(逃げられる?)のか。
こちらの方は結構面白いレースになりそうです。

最終的な馬券の決断は、木曜日の外国馬の公開調教と日本馬の調教を見てするつもりですが、公開調教で良い動きをする馬を見つけたら、そこから馬券を作ってみようかと思っています。

|

« 奉祝馬券 <04120> | トップページ | 契約更改 <04122> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一年で一番盛り上がる一週間 <04121>:

« 奉祝馬券 <04120> | トップページ | 契約更改 <04122> »