« Blog事始め<04001> | トップページ | 張田あああっ! <04003> »

2004/04/07

祝!2004トゥインクルレース開幕 <04002>

今年も、大井競馬のナイターレース(トゥインクルレース)が開幕した。
創設から15年を迎え、東京のナイトスポットとしての認知度も高まり、今では馬券で熱くなっている競馬オヤジと、デートに熱くなっているカップルが同じスタンドに同居すると云う、他の地方競馬には無い独特の雰囲気を醸し出している。
私自身、どちらかと言えば、前者のカテゴリーに当たり、仕事帰りに何度立寄っている事か…(苦笑)。
そのレースのご贔屓の馬の馬券を握り締めて、直線の攻防で叫ぶのは、ストレス解消を通り越して、既に鉄火場である(笑)。いや、競馬場は鉄火場なのだ!。

そんな「鉄火場」を盛り上げてくれる演出の一つが、発走前のファンファーレである。(と音楽の話題に摩り替える)
トゥインクルレースでは、最終3レースのファンファーレが生演奏で行われるのあるが、このファンファーレで使われる楽器、通常の吹奏楽で使用される金管楽器ではなく、アイーダホーンと云う楽器が使用される。
このアイダーホーン、日本でのプロのプレイヤーは極少数な上、楽器自体も数える程しか本数がない…と云う稀少な楽器である。
(ちなみに、マンドリン属における「コントラバス」に位置するマンドローネも日本では稀少な楽器であるが、現在確認されているだけで70本程度存在しており、いかに少ないかが分かる?だろう)
こんな稀少な楽器を、生で、それも入場料の100円を払えば聴ける…こんな贅沢な話ってあるだろうか?。

そして、またファンファーレの曲も、アイーダホーンの音域を考えた曲に仕上がっており、これもまた良い。
ファンファーレの時には、馬に影響を与えてはいけないと思い、周りの観客は騒いでも、自分は静かにしているが、大井のファンファーレでは、演奏が終わった後に「ブラボー」の意を込めて、私は拍手を送る。

今年もまた、トゥインクルレースが開幕する。
肉踊り血が騒ぐ様な好勝負、名レースを見せてくれるのか楽しみである。
それを盛り上げてくれるのが、ファンファーレである。

Have a nice race! そして、 Have a nice play!。


|

« Blog事始め<04001> | トップページ | 張田あああっ! <04003> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝!2004トゥインクルレース開幕 <04002>:

» トゥインクル開幕! [A.R.H. - the weblog of horse racing tipsters]
さあ今年もトゥインクル開幕!いまだ吉野家の牛丼が食べられるL〓WINGも完成し、観戦に幅が出た?とも。メインレースの予想にいきます。 9R トゥインクルオープニ... [続きを読む]

受信: 2004/04/07 22:01

« Blog事始め<04001> | トップページ | 張田あああっ! <04003> »